ハン・ジミン、ドキュメンタリー「自然のタイムカプセル」第7部ナレーションに参加…幼少期の思い出も明かす

写真拡大

女優のハン・ジミンが、KBS UHDユネスコ世界遺産8部作「自然のタイムカプセル」の第7部「士(ソンビ) の水路、河回(ハフェ) 村編」のナレーションを務める。

ハン・ジミンは映画撮影で忙しい日々を送っているが、本ドキュメンタリーのナレーションに快く応じ、ドキュメンタリーに対する深い関心を寄せた。レコーディング当日、春に咲く花のような笑顔でレコーディング室を訪れたハン・ジミンは、イメージに違わず物静かで落ち着いたトーンでナレーションに臨み、ドキュメンタリーに新しい活力を呼び込んだ。

レコーディング後「この番組を通して、韓国に世界文化遺産指定されている所がこんなに多いということを初めて知りました。このドキュメンタリーにわずかですが参加できて、光栄です。多くの方がこのドキュメンタリーを通じて、これまで知らなかった韓国の美しい所をたくさん知ってくれたら嬉しいです」と、ナレーションに参加した所感を述べた。

また、韓屋(韓国式家屋) に住むつばめと老夫婦の話を見て、幼少時代に自身も韓屋に住んでいた経験を打ち明けた。ハン・ジミンのナレーションビハインド映像は、SNSを通して公開される予定だ。

「自然のタイムカプセル」は、躍動的で生き生きしたUHDの映像美に加え、独創的なストーリーを添えて、新しい見解が際立つ朝鮮半島の自然史ドキュメンタリーと評価されている。ハン・ジミンのナレーションで送る7編「士の水路、河回村」は、韓国で30日夜10時より放送。