スバル初のスペシャリティカーとして1985年に登場したのが、スバル・アルシオーネです。名前の由来は、スバル星団の中でひときわ明るく輝く星の「アルキオネ」で、スバルのフラッグシップモデルであることを表しています。

1

リトラクタブルライトを採用し、スーパーカーを彷彿とさせる美しいクーペスタイルのエクステリアデザインは、空気抵抗を追求したもので日本車としてはじめてCd値0.29を達成しています。

搭載されるエンジンは最高出力135ps、最大トルク20kg-mを発生する1.8L水平対向4気筒SOHCターボと、1987年に登場した最高出力150ps、最大トルク21.5kg-mを発生する2.7L水平対向6気筒SOHCの2種類。ミッションは5MTと3AT/4ATが組み合わされます。

駆動方式はFFと4WDで、6気筒エンジン搭載車と1.8VRには前後の駆動力配分を自動的かつ連続的に変化させる電子制御アクティブトルクスプリット4WD(ACT-4)を搭載。これは現在のVTD-AWDにつながるスバルのAWDシステムのコア技術となっています。この4WDシステムをはじめとしたアルシオーネで採用された数々の新技術は、後のレガシィの開発に活かされることになります。

アルシオーネは1991年9月にフルモデルチェンジを行い、アルシオーネSVXへと進化します。キャッチコピーは「遠くへ、美しく、500マイル ア デイ」で、卓越したグランドツーリング性能が特徴のモデルです。

エクステリアデザインはイタルデザインのジウジアーロによるものです。広いガラス面積を誇るキャビンが特徴で、日本で初めてミッドフレームウィンドウを採用しています。

搭載されるエンジンは最高出力240ps、最大トルク31.5kg-mを発生する3.3L水平対向6気筒DOHC。組み合わされるミッションは4ATのみで、駆動方式はVTD機構付不等&可変駆動トルクスプリット4WDシステムを採用しています。

高いグランドツーリング性能は魅力でしたが、日本国内はバブル景気の終了による不景気という逆風が吹き荒れて1996年11月に生産終了となりました。

(萩原文博)

高い空力性能が特徴のスペシャリティカー、スバル・アルシオーネ【SUBARU誕生カウントダウン特集・富士重工の名車】 (http://clicccar.com/2017/03/30/458118/)