従来はiPhoneやiPad、Macなどデバイスのみ表示されていた「iPhoneを探す」の画面に「AirPods」が表示されるようになる。

写真拡大

 Appleは3月28日午前2時頃、最新版となるiOS10.3をリリース。今年の1月に行なわれたiOS10.2.1のリリースから約2か月ぶりに行われたアップデートの主な特徴をピックアップしてみよう。

◆意外と無くしやすい!? AirPodsを一瞬で発見!

 iOS10.3のアップデートで目玉機能として挙げられるのが「iPhoneを探す」機能の強化。従来のiPhoneやiPadなどの位置検索機能に加え、本バージョンからワイヤレスヘッドホン「AirPods」の検索にも対応。

 コンパクトで持ち運びやすい反面、意外と置き忘れがちなAirPodsの位置情報を取得して表示してくれるのはもちろん、両方もしくは片方のAirPodsから音を出すこともできるため、置き忘れてしまってもスムーズに見つけ出すことができる。

◆料金の支払いやタクシーの配車などSiriの機能強化で音声操作の可能性が高まる!

 今回のアップデートでもうひとつ注目されているのが「Siri」の機能強化。支払い用アプリと連携して音声で支払いを行なったり請求書を確認したりできるようになったほか、配車サービスアプリと連携してSiriに呼びかけるだけで配車ができるなど音声で操作できることを大幅に強化している。

 また、自動車メーカーの独自アプリとの連携も強化し、燃料の残量やドアロックの状況確認、ライトの点灯操作にも対応している。

 それ以外のiOS10.3の主な変更点は以下の通りだ。

●iPhoneを探す
・AirPodsの現在の所在地または最後に確認された場所を見ることができる。
・片方または両方のAirPodsから音を出して探し出しやすくすることができる。

●Siri
・支払い用Appを使用して、支払いを実行したり、請求書を確認したりすることに対応
・配車サービスAppを使用して、配車の予約をすることに対応
・自動車メーカー製のAppを使用して、車の燃料の残量確認、ドアのロックの状況確認、ライトの点灯、クラクションを鳴らしたりすることに対応
・インディアン・プレミアリーグと国際クリケット評議会によるクリケットのスコアおよび各種記録に対応

●CarPlay
・最後に使用したAppに簡単にアクセスできるショートカットをステータスバーに追加
・Apple Musicの“再生中”のスクリーンから“次はこちら”および現在再生中の曲のアルバムへ移動が可能
・Apple Musicの厳選されたプレイリストや新しいミュージックカテゴリが利用可能

●その他の改善および修正
・iTunesで一度レンタルした映画はお使いのどのデバイスでも視聴が可能
・Apple IDアカウントの情報、設定、およびデバイスが一覧できる新しい設定画面
・“マップ”で現在の気温を3D Touchすると、時間毎の天気を表示
・“マップ”で“駐車中車両”の検索に対応
・“カレンダー”に迷惑な参加依頼を削除しスパムとして報告する機能を追加
・“ホーム”でアクセサリのスイッチやボタンでシーンを起動することに対応
・“ホーム”でアクセサリのバッテリー残量確認に対応
・Podcastに、3D Touchの対応を追加し、“今日”のウィジェット表示で最近更新されたコンテンツにアクセスすることが可能
・Podcastのコンテンツおよびエピソードは“メッセージ”で共有可能になり、メッセージ上で再生が可能
・位置情報とプライバシーをリセットすると、“マップ”で現在地が表示されない問題を修正
・“電話”、Safari、“メール”でVoiceOverの安定性を改善

 また、今回のアップデートによりファイルシステムがセキュリティ性に優れる「Apple File System(APFS)」へ変更されるなど信頼性の向上も図られている。なお、今回リリースされたiOSのアップデートに対応するのは、iPhone5以降の端末と第4世代以降のiPad、第6世代以降のiPodとなっている。

 リリースから半年が経過したiOS10は、安定期を迎えたと言っても過言ではなく、信頼性と安定性に不安はなく、適用する価値は十分にあるものと言えるだろう。手持ちのiOSデバイスに最新の機能と安心をもたらしてくれるiOS10.3の適用をオススメしたい。

<文/古作光徳>

【古作光徳】
パソコン関連誌の編集部を経て、2006年にライターとして独立。主にパソコンやスマホ、家電関連誌などを中心に活動中。近年は車やバイク、将棋など、趣味関連誌の執筆や編集にも携わっている