「COMPUTEX 2017」、ロボット&AIなど5つのメインテーマを発表

写真拡大 (全2枚)

台湾貿易センター(TAITRA)は、「COMPUTEX 2017」の5つのメインテーマを発表した。

発表されたのは以下のテーマ。

・ロボットと人工知能
・モノのインターネット(IoT)アプリケーション
・AR/VR機器とコンテンツ
・イノベーションとスタートアップ
・ ビジネスソリューション

COMPUTEX 2017の使命は、スタートアップや定評ある企業に、新しいテクノロジー、アプリケーション、およびビジネスチャンスの開発を促すことであるとTAITRA。今年の展示会には、 NTT、 Intel、 Microsoft、 BenQ、 NVIDIA、 Tesla、 Dell、 ARM、 Acer、 ASUS、 Micronicsその他多数の重要な企業が出展するとのことだ。

■COMPUTEX TAIPEI事前登録

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
・GlassViewのファウンダー兼CEOジェームズ・ブルックス・ジュニアが語るIoTやスマートウォッチへの広告戦略
・国際産業技術、Synologyエンタープライズパートナー&カンファレンスを開催
・グロービス、「グロービス学び放題」の個人向けサービスを開始。月額980円から
・国内有数のデジタルマーケティングの広告賞「コードアワード 2017」を開催
・タクシー配車アプリ「全国タクシー」で目的地へ到着する前に支払手続きが可能に