写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日立ソリューションズは3月30日、4月3日から「Google Maps パートナー」として、法人向け地図サービス「Google Maps API プレミアムプラン」の販売を開始すると発表した。

同サービスは、世界各国の地図やストリートビューなど、コンシューマ向け地図サービス「Google Maps API」のエンタープライズ版。会員向けWebサイトや企業・団体内のイントラネット上などで、グローバルに利用されている最新地図へのアクセスや印刷、位置追跡の実装が可能になるという。

特徴として、位置追跡(アセットトラッキング)を実装・利用可能なほか、99.9%稼働保証のサービスレベル契約(SLA)、利用目的やアクセス数に応じた課金体系などがある。今後、日立ソリューションズでは空間情報ソリューション「GeoMation」の製品・サービスをGoogle Mapsに対応させていくとともに、連携した新サービスを提供していく方針だ。

価格(税別)は、公開サイト向けプラン、非公開サイト向けプランともに120万円〜。

(岩井 健太)