写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サッポロホールディングスはこのほど、「レモンポリフェノール長期摂取による老化度抑制」に関する研究結果を発表した。

同研究は、サッポロホールディングスとポッカサッポロフード&ビバレッジ、および名古屋大学 鍋島俊隆名誉教授とともに行った。

研究には、レモンから精製したレモンポリフェノール(LPP)を使用。その摂取の有無で老化促進モデルマウスの老化度が抑えられるかどうか検証した。

モデルマウスは、9週齢よりレモンポリフェノール水(0.1% 濃度のLPP)を摂取する群と、水道水を摂取する群に分けた。また、老化症状対照として正常老化モデルマウス(SAMR1+water)も水道水摂取で飼育した。

老化度の指標として、眼周辺病変の評価と、体重、摂水、摂餌量、老化度(外観老化度)、行動量(10分間移動距離)の測定値を用い、19週齢及び70週齢の便については腸内フローラ解析を行った。

測定の結果、老化促進モデルマウスの両群間に摂水量、体重、摂餌量の大きな差は認められなかった。しかし、老化度の指標である眼周辺の病変などにおいては、レモンポリフェノール水を与えた群の老化度が有意に低いことが確認できたという。

また、66週齢でレモンポリフェノール水を与えた群の行動量が有意に高いことも確認できたとのこと。

腸内フローラの解析においては、水のみ与えた群では加齢に伴いLactobacillus属の占有率が増加したが、レモンポリフェノール水を与えた群では増加が抑制されていることがわかったという。

同社によると、これまでレモンポリフェノールの一つである「エリオシトリン」にはコレステロール低下作用などの健康機能が報告されていたとのこと。今回の研究結果より、レモンポリフェノールを長期間摂取することで、老化進行を遅らせることが示唆された。

(フォルサ)