写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●映像コンテンツで機械学習
フジテレビジョン(以下、フジテレビ)と日本マイクロソフトは3月29日、フジテレビの動画投稿サイト「DREAM FACTORY」の運用における提携を発表した。DREAM FACTORYにて、日本語を含めた5カ国語への自動翻訳機能などを用い、国内映像コンテンツの世界配信を目指す。ここでは共同記者発表会の内容をお伝えする。

言語の壁を越えて日本の映像コンテンツが世界に発信されると、どのような効果があるのだろうか。そんな世界をフジテレビと日本マイクロソフトが作り出す。DREAM FACTORYは、フジテレビが2017年1月からスタートした動画投稿サイトだ。

クリエイターがDREAM FACTORYに動画を投稿する際は、「コミュニティ」と呼ばれるタグを付与することで、視聴者が好みの動画を見つけやすくなる。閲覧した視聴者は「LOVE」と呼ばれる投票を行うことで、クリエイターにモチベーションを与えると同時に、動画の客観的な評価を数値として示す。この結果はランキングで示され、日/週/月別で確認できる。

一般的な動画投稿サイトと異なり、投稿した動画は公開前にチェックを行い、肖像権侵害や成人向けコンテンツの配信を未然に防ぐ。

フジテレビは「(テレビ局が運営するため)安全性の担保が重要」(フジテレビジョン 常務取締役 大多亮氏)と抑止機能の重要性をアピールした。

そのほか、自身のプロフィールや作品をポータルとして並べる「マイページ」、FacebookやTwitterなどSNSと連動した共有機能、自治体やスポンサーと連動したコンテストなどの開催を予定している。が、1番の注目点は、2017年7月1日から提供予定の自動翻訳機能だろう。

MicrosoftのBing Speech APIに含まれる音声をテキスト化する機能を利用し、英語・中国語・スペイン語・フランス語への翻訳機能を提供する。こうしたDREAM FACTORYの運用を裏から支えるのは、世界38地域に展開するMicrosoft Azureだ。具体的には、スーパーボールなど世界的なスポーツ大会での配信実績を持つ「Azure Media Services」を利用する。

Azure Media Servicesは、Microsoft Azureが備える機能の1つで、ビデオストリーミングサービスをAPIとして提供するものだ。映像の取り込みと管理、クラウド上でのエンコーディング、AESまたはマルチDRMを使用したコンテンツ保護、CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)によるストリーミング配信、JavaScript APIなどを利用した再生環境を提供する「Azure Media Player」などで構成される。DREAM FACTORYでは、顔認証や前述したBing Speech APIなどで構成された「Microsoft Cognitive Services」も利用し、AI(人工知能)の側面からもサービスを強化する。

○映像コンテンツを機械学習のトレーニングデータに

今回の提携でポイントとなるのが、映像コンテンツが機械学習のトレーニングデータとなる点だ。機械学習はコンピュータに大量のデータを教材として与えることで、指定ルールに即して自己学習を繰り返し、認識率の向上などを実現する。

フジテレビはDREAM FACTORYの動画コンテンツを日本マイクロソフトに提供し、日本マイクロソフトは動画を日本語の認識率向上や、公序良俗に反する動画コンテンツの自動排除処理精度向上を目指す。

自動翻訳も映像チェックも、従来は人間が行ってきた作業の1つだが、DREAM FACTORYは、機械学習を通じて動画コンテンツから洞察を引き出す「Azure Media Analytics」も利用する。日本マイクロソフト 代表取締役 社長 平野拓也氏は、「(Azure Media Analyticsは)スタッフを良い形で補完するサービスになると考えている」とした。

●字幕の自動生成や、自動翻訳をデモ
共同記者発表会では、Azure Media Analyticsを用いたデモンストレーションが行われた。あらかじめ動画コンテンツをAzure Media Analyticsで分析した状態から、Azure Media Indexerを用いて字幕を自動生成し、Bing Speech APIで9カ国語の字幕へと自動翻訳を披露。さらに、顔検出を行うAzure Media Face Detectotによる顔のインデックス化と、Azure Media Indexerによるキーワード生成機能で、映像内の登場人物をアイコン化し、音声をテキストタグとして扱う機能も見せた。

Azure Media Indexerは、キーワード抽出機能を備えている。タグ化されていない単語でも、動画内の音声をテキストとして検索可能だ。また、クラウド上で顔編集を実現するAzure Media Redactorを使用し、登場人物の顔を「ぼかす」機能も披露。こちらついて大多氏は、「例えば、動画を配信する直前に、演者が逮捕された場合にも使える」と冗談を交えて評価した。

さらに、動画の概要を作成するAzure Media Video Thumbnailsにて、28分の動画を1分に短縮。大多氏は、「若い頃にAD(アシスタントディレクター)として30秒の予告動画に5時間もかけたことがあった。(Azure Media Video Thumbnailsが現場で使えるようになれば)ADは楽になる」と評価する。

日本マイクロソフトも「関係者へヒアリングしても比較的高い評価を得た。将来的には予告編を自動作成できるまで精度を高めたい」(日本マイクロソフト マーケティング&オペレーションズ部門 プラットフォーム戦略本部 本部長 大谷健氏)と述べている。これらの機能すべてをDREAM FACTORYが実装する訳ではないものの、今後は必要に応じて検討していくという。

フジテレビは、DREAM FACTORYを「『フジっ子』を生み出すエンジンとしたい」(大多氏)と述べる。かつて1980年代のフジテレビは、お笑いコンテンツを中心に大変な勢いがあった。インターネットの普及は直接的にも間接的にもテレビ離れの一因として語られ、テレビ業界全体は厳しい戦いが続いている。

既に多くの動画投稿サイトが存在する中、後発のDREAM FACTORYが確実に成功するかといえば、「それほど甘くはない」(大多氏)。フジテレビと日本マイクロソフトの連携が何を生み出すのか。Microsoftの技術を使いながら、日本製の映像コンテンツを世界へ向けての配信することは、新たな可能性を見いだすに違いない。

なお、DREAM FACTORYでは動画コンテストも実施する。詳細はDREAM FACTORYのWebサイト、「世界に羽ばたけ!ショートムービーコンテスト」、「フジテレビ DREAM FACTORY is NOW ON Azure 広告動画コンテスト powered by 日本マイクロソフト」を参照してほしい。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)