スバル・ジャスティは、1984年2月に軽自動車のスバル・レックスをベースにしたリッタカーとして登場しました。3ドアと5ドアハッチバックを設定し、駆動方式はFFとスイッチで切り替え可能なパートタイム4WDを用意していました。

1

1985年10月に「火の玉ボーイ」というキャッチコピーのついた1.2L直3SOHCエンジンを追加。吸気2バルブ、排気1バルブの3バルブ機構を採用し、最高出力73ps、最大トルク10kg-mを発生。当時ホットハッチの1台に挙げられていました。

1987年には量産車世界初となるベルト式変速機ECVTを採用。海外では高い燃費性能によって高評価でしたが、国内では同じクラスのAT車より高価になるなど、ビジネス的には厳しく、1994年に初代ジャスティは生産終了となりました。

日本国内では2016年に約22年ぶりに2代目のジャスティが登場。ダイハツ・トールのOEM供給車で、初代ジャスティとは異なりハイトワゴンとなっています。

ちなみに、ジャスティは初代が国内生産終了後も、海外では2〜3代目がスズキのスイフト・イグニス、4代目はダイハツブーンをOEM供給して販売していました。

(萩原文博)

22年ぶりに国内で復活!でも、海外では販売され続けていた、スバル・ジャスティ【SUBARU誕生カウントダウン特集・富士重工の名車】(http://clicccar.com/2017/03/30/458138/)