エコで渋滞知らず!電気で動き、水上を走る“エコタクシー”が今夏登場

写真拡大 (全4枚)

パリでの観光のひとつにセーヌ川でのクルーズを楽しむという方法がありますが、小型のタクシーがセーヌ川に登場するようです。

フランスのスタートアップ企業が、水上で走る5人乗りの乗り物を開発、2017年の夏にはパリのセーヌ川で実用化すると発表しました。

“Sea Bubles”(シーバブル)という名称の乗り物は、一見よく見る水上ボートのようにも見えますが、実際は本体が水面より数センチ上に浮いています。

http://www.seabubbles.fr

Sea Bublesは電気で駆動し、スピードは時速30Km。水面に波も発生しないほど静かに走るとか。運転手を含めた5人乗りの乗り物として、タクシー料金と同じ程度で乗ることができるそうです。

パリ市長のAnne Hidalgo(アンヌ・イダルゴ)氏もSea Bablesに期待しており、「2017年の夏に空飛ぶ水上タクシーが登場します!」とツイッターに投稿しています。

Twitter/Anne_Hidalgo

Sea Bublesはタクシーのようになる

開発・設計を行なったAlainThébault氏とAnders Bringdal氏は公式サイトで、

「Sea Bublesはニューヨークにおけるイエローキャブのような存在になるでしょう。しかし大きな違いがあります。環境に優しく安全で、渋滞に巻き込まれることもありません。」とアピールしています。

Sea Bublesを視察しに、ミランやニューオーリンズ市長などもパリを訪れており、世界中から注目されているようです。視察の様子がツイッターに投稿されています。

Twitter/@SeaBubbles

全体的に丸みを帯びたフォルムで、かわいらしさもある水上タクシー。パリに行った時はぜひ利用してみたいですね。

利用イメージを解説したコンセプト動画も公開されています。