【先ヨミ】℃-uteのラストSGが10万枚目前で首位、Sexy Zoneが後を追う

写真拡大

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから、2017年3月27日〜3月29日までの集計が明らかとなり、℃-uteの『To Tomorrow/ファイナルスコール/The Curtain Rises』が首位に立っている。

 ℃-uteは、2017年6月に解散することを発表しており、本作が31枚目にしてラストシングル。トリプルA面の作品で、「ファイナルスコール」はSHOCK EYE(湘南乃風)が、「To Tomorrow」「The Curtain Rises」はつんくが作詞・作曲を手掛けている。今回の集計では94,551枚を売り上げており、週末にかけて10万枚の突破は固いと思われる。

 2位はSexy Zoneの『ROCK THA TOWN』。タイトル曲がAOKIフレッシャーズCMのタイアップ曲に起用されている本作は、65,514枚を売り上げており、週間の集計で℃-uteにどこまで追いつけるかに注目したい。3位と5位には、K-POPグループのBlock B『YESTERDAY』と、Apink『Bye Bye』がそれぞれランクイン。また、4位の乃木坂46『インフルエンサー』は今週の集計でも2万枚以上を売り上げ、強いセールス力を見せている。3位〜5位は僅差の接戦となっており、次週発表の週間結果で順位が入れ替わる可能性も十分にありそうだ。


◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2017年3月27日〜3月29日までの集計)
1位『To Tomorrow/ファイナルスコール/The Curtain Rises』℃-ute 94,551枚
2位『ROCK THA TOWN』Sexy Zone 65,514枚
3位『YESTERDAY』Block B 24,366枚
4位『インフルエンサー』乃木坂46 23,779枚
5位『Bye Bye』Apink 20,907枚