25日、中国版ツイッターで日本の企業フェリシモが発売した「500色の色えんぴつ」が紹介され、中国でも注目を集めている。

写真拡大

2017年3月25日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で日本の企業フェリシモが発売した「500色の色えんぴつ」が紹介され、中国でも注目を集めている。

【その他の写真】

500色それぞれに色の名称がつけられており、「森の茂みのオオルリアゲハ」「摘みたてのブルーベリー」など独特なものとなっている。「まるで詩歌のようにすてきだ」と評されているが、「色の区別がつかない」とのツッコミもある。

これについて、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「すごくきれいだ。思わず息をのんだ。欲しい…」
「これで絵を描けば、詩が完成するかもしれないね」
「抽象的な名前の方がイメージを刺激する。名付けた人はとてもロマンチックな人だろうな」

「アートを勉強している人が見たら、くぎ付けだね」
「実際に使ったら、色の区別がつかなさそうだけど」

「それはそうと、天津の甘い栗だって(笑)」
「天津の甘い栗って、中国の天津なのか!?」
「天津甘栗は日本でも有名なんだよ」(翻訳・編集/岡田)