ポッツを抱っこする前田敦子

写真拡大

 女優の前田敦子が、社団法人ペットフード協会などが選出する「第3回インターペットアワード」を受賞し3月30日、同団体などが主催する都内でのフェア「インターペット」での授賞式に出席した。

 「ペットがいる豊かで理想的な暮らしを楽しむ著名人」に選ばれた前田は、自宅でメスのアメリカンショートヘア・ポッツとオスのシャム・ロジャーの2匹を飼っており、「物心ついた時からペットと一緒に育ったので、とてもうれしい。動物は家族。いて当たり前の存在です」と満面の笑み。既に3匹目も視野に入れているそうで、「真っ白なのが気になっているし、エキゾティック系もかわいい。長毛の子を探しています」と明かした。

 2匹との生活については、「ポッツさんは、人間だったらすごい美人。見たその日のうちに飼いますと言ってサインしました」とぞっこんの様子。「台本を呼んでいたりすると、絶対に上に乗ってきますね。人が大好きで、友達が遊びに来ると、必ず中心に入って来る。かわいいと言われるのが好きみたい」とうれしそうに話した。

 だが、「ポッツさんは“ネコ見知り”が激しいので、ロジャーとはそんなに仲は良くないかも。弟ができて、ちょっと面倒くさいみたい」と苦笑い。それでも、「ロジャーはふだんは勝手に遊んでくれている。“2人”とも前足を使って、ねえねえってやってくるんですよ」と、ペットとの生活を満喫している様子だ。

 さらに、実家にはネコ11匹、犬5匹がおり「毎年のように増えているので、全員の名前は覚えられない」ほどの“大家族”だという。この日はポッツも登場し、大量のキャットフードやベッドなどをプレゼントされ「すごく気になっているみたいです」と愛猫をいとおしそうに抱っこしていた。