ZE:A シワン&チン・グ主演「ワンライン」撮影現場をキャッチ…監督と俳優たちの“完璧なチームワーク”

写真拡大 (全2枚)

映画「ワンライン」が撮影現場のスチールカットを公開した。

「ワンライン」は、平凡だった大学生ミンジェ(ZE:A シワン) が伝説のベテラン詐欺師チャン課長(チン・グ) に会い、すべてを偽って銀行の金をだまし取る新種犯罪詐欺団に合流して繰り広げられる、スリル感たっぷりの予測不能犯罪娯楽映画だ。

片時も台本を手放さないシワンをはじめ、「ワンライン」に出演したすべての俳優たちは、現場でヤン・ギョンモ監督のそばを守ることで有名だった。5人の詐欺師に扮したシワン、チン・グ、パク・ビョンウン、イ・ドンフィ、キム・ソニョンは、誰よりも情熱的な俳優だった。

リアルなキャラクターを作り出すためにキャラクターに対して研究し続け、実際のローン業者たちの話し方とセリフに味を持たせるために、セリフの練習にもまい進した。このような俳優たちの努力と、情熱的に俳優たちとコミュニケーションしようとしたヤン・ギョンモ監督の努力があいまって、「ワンライン」チームは最高のチームワークを誇りながら作品を仕上げることができた。

チン・グは撮影現場を思い出しながら「監督はわかりやすいディレクティングをしてくれたし、現場で一度も怒らなかった。次回も一緒に撮影したい」と愛情を示した。パク・ビョンウンも「毎回の撮影の度に監督とたくさん話し合った。そのような点が役に立ち、楽しい撮影だった」と撮影の感想を伝えた。

ヤン・ギョンモ監督も「すべての俳優たちが情熱と信念で溢れていた。そのため現場では相乗効果を生み出して作業することができた」と、俳優たちに向かって親指を立てた。