JTBC、ソン・ガンホ主演映画「弁護人」ドラマ化報道について否定“事実無根だ”

写真拡大

JTBCが映画「弁護人」をドラマ化するという報道について「事実無根だ」という立場を明らかにした。

本日(30日)、JTBCの関係者はOSENに「映画『弁護人』の版権を買ってドラマ化するという話は事実無根だ。議論したこともない」と伝えた。

この日、あるメディアは「弁護人」のドラマ放映権がJTBCに売れたと報道した。しかし、JTBCは事実ではないと否定した。