加藤:カワイイところが

写真拡大

歌舞伎の松本幸四郎さんが来年(2018年)1月から、親子、孫と3代そろっての襲名披露興業を行うそうだ。直系の親・子・孫3代の同時襲名は37年ぶり2度目だという。

それぞれ白鸚、幸四郎、染五郎を襲名

幸四郎さんは父の名前を継いで2代目松本白鸚を、息子の市川染五郎さんは10代目松本幸四郎を襲名。そして一際、注目されるのが来年8代目市川染五郎を襲名する孫の金太郎さん、12歳だ。

「いま、その美少年ぶりが話題となっています」(番組ナレーション)

「超美形」(番組キャプション)

東京・歌舞伎座で昨日、幸四郎さんら3人が口上写真撮影を行ったが、金太郎さんは記者から「巷では美少年とウワサされてますが、ご本人としてはどう思われますか」と質問され、言葉につまってしまったという。

「なんかカワイイ部分があるってことですね」(司会の加藤浩次)

そんな金太郎さんは「実力もすごい」(番組キャプション)そうで、2歳の初お目見え時には、見事な六方を披露し、貫禄十分の見得を切って見せたそうだ。2009年の松本金太郎としての初舞台では連獅子を披露したという。

似顔絵 池田マコト