30日、環球時報は、羽田空港で「台湾国」シールを表紙に貼ったパスポートを持つ台湾籍女性の入国を認めた問題について、日本の入国管理局が「調査中」と回答したことを伝えた。写真は「台湾国」のシールが貼られたパスポート。

写真拡大

2017年3月30日、環球時報は、羽田空港で「台湾国」シールを表紙に貼ったパスポートを持つ台湾籍女性の入国を認めた問題について、日本の入国管理局が「調査中」と回答したことを伝えた。

環球時報の記者が29日、入国管理局の担当者に取材を行ったところ「本件の報道を注視しており、実際の状況について現在調査中だ。通常、入国には有効なパスポートを持っている必要があり、入国時には審査を受ける必要がある」とのコメントが得られた。

担当者は「シールを貼ったパスポートの所持者の入国を認めたのはなぜか」との質問には「これは個別案件。プライバシーに関わる問題であり、事実関係がはっきりするまで多くの回答は控える」とし、調査方法などについては回答を避けたという。

一方、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は29日、「関連の問題をめぐってすでに日本側に交渉を申し出ている。日本側に対し、台湾独立主義者にチャンスを与えないという約束を守るよう求めた」とコメント。国務院台湾事務弁公室の馬暁光(マー・シャオグアン)報道官も同日、「このようなナンセンスな事態の発生は、台湾独立主義者による一部青年への洗脳ぶりが深刻であることを示すものだ。世界のどこに行っても、『台湾国』などという場所は見つからない」と語った。

記事は、「台湾国パスポート」は2015年から出回るようになり、シンガポール、香港、マカオで所持者が入国を拒否されたほか、昨年3月には日本でも台湾籍男性にシールを剥がさせる措置が取られたと伝えている。(翻訳・編集/川尻)