騒音状況を「目」で確認できるJabra Noise Guideを4月17日発売。8万円(税抜)

写真拡大

ヘッドセットメーカーのGNオーディオジャパンが、設置した場所の騒音状況を可視化する装置『Jabra Noise Guide』を発表しました。2017年4月17日にGNオーディオジャパンの公式サイトのほか、Jabra法人製品認定販売店で発売予定です。

『Jabra Noise Guide』は、本来耳でしか感じることのできない騒音を色で伝える装置。設置した場所から半径5メートル以内を集音し、騒音レベルに応じて緑、黄色、赤の順に段階的に点灯する仕組みになっています。

また、専用ソフトを用いることで騒音レベルの設定を変更するなど、カスタマイズ可能。計測した騒音レベルをモニタリングすることもできます。幅70mm、高さ134mmとコンパクトなサイズなのも特徴です。

騒音の発生状況を確認することで騒音抑制につながり、静かな環境作りができるようになることから、病院の待合室や図書館といった、静かな環境が求められる施設での活用が想定されるとのこと。発売価格は8万円(税抜)。