写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクは、全国のソフトバンクショップやワイモバイルショップにて、4月上旬から「どこでも同意書」の取り扱いを開始する。これにより、未成年が携帯電話サービスを契約する際に必要な「法定代理人同意書兼支払名義人同意書」(以下、同意書)を、オンラインで作成できるようになる。

未成年が携帯電話サービスを契約する際は、親権者が紙の同意書に記入して提出する必要があった。そのため親権者が遠方にいる場合は、作成のほか郵送の手間がかかっていた。今回どこでも同意書を導入することで、紙の書類のやり取りに必要な時間を削減、契約成立までの時間短縮を実現するという。

利用するには、まず親権者がどこでも同意書の専用サイトにて必要事項を入力、さらにログインパスワードの登録と店舗指定を行う。その後、契約者が店舗に行き、親権者に同意書の記載内容とログインパスワードについて電話確認を取れれば、契約手続きを開始できる。