チ・チャンウク&ナム・ジヒョン、新ドラマ「怪しいパートナー」男女主人公に抜擢

写真拡大

SBS新水木ドラマ「怪しいパートナー」(脚本:クォン・ギヨン、演出:パク・ソンホ) がタイトルを確定し、男女主人公としてそれぞれチ・チャンウクとナム・ジヒョンの出演が決定した。

「師任堂(サイムダン)、色の日記」の後番組として、韓国で5月中に放送されるSBS新水木ドラマのタイトルが「この女に気をつけてください(仮題)」から「怪しいパートナー」に確定した。ドラマは「ボスを守れ」「私の恋愛のすべて」などを執筆したクォン・ギヨン脚本家と「テバク」「青い海の伝説」を共同演出したパク・ソンホ監督が手を組み、期待を高めている。

「怪しいパートナー」はすでに男性主人公ノ・ジウク役として、チ・チャンウクの出演が確定していた。彼が演じるジウクは、イケメンで数学、音楽、スポーツなど多方面の才能を持っており、父親の夢を代わりに実現するために検察官になった人物だ。

そして、彼と絡みながらストーリーをリードする見習い検事ウン・ボンヒ役には、これまで「善徳女王」「クリスマスに雪が降るかしら」「家族なのにどうして」「ショッピング王ルイ」まで、出演する作品ごとに成功し人気女優としての地位を築き上げているナム・ジヒョンが抜擢された。彼女が演じるウン・ボンヒは、元気で、一時テコンドーの子供代表を務めたほどしっかりとしたキャラクターだ。

これでチ・チャンウクの場合、2012年のドラマ「蒼のピアニスト」以来5年ぶりに、ナム・ジヒョンは2016年特集ドラマ「ミステリアスな新入生」以来1年ぶりにSBSの作品に出演することになった。特に2人は、2011年視聴率20%を記録した「武士ペク・ドンス」でそれぞれ主人公のペク・ドンス、そして幼いユ・ジソン役を務めた特別な縁がある。

ある関係者は「ドラマ『怪しいパートナー』がタイトルを確定し、男女主人公として洗練されたイメージと男らしさを強くアピールしながら、幅広いファン層を確保したチ・チャンウク、そして子役出身で出演作ごとにヒットさせながら男性俳優を引き立たせるだけでなく、前向きなエネルギーをアピールするナム・ジヒョンが確定した」とし「出演陣のキャスティングを終えた後、台本読み合わせと初撮影を行う予定だ。多くの愛情を持って見守ってほしい」と伝えた。

「怪しいパートナー」は、ノ・ジウクとウン・ボンヒが偏見に満ちた世界と戦い和解し、犠牲を通して描かれる成長、恋愛ドラマだ。「師任堂(サイムダン)、色の日記」が放送終了する5月から、SBSを通じて放送される。