1983年に登場したスバル・ドミンゴは、軽1BOXカーのサンバートライをベースにした優れたパッケージングに、最高出力48psの1L直3SOHCエンジンを搭載した7人乗りのミニバンです。

1

1Lエンジンはサンバートライと同様にリアに搭載され、駆動方式はRRとパートタイム4WDの2種類が用意されました。当時は軽の1BOXワゴンが非力だったため、初代ドミンゴは唯一のリッターカー1BOXワゴンとして人気を博したのです。

1986年6月にマイナーチェンジを行い、サンルーフ装着車に明かり取り窓を追加したサンサンウインドウを設定。同時に最高出力52ps、最大トルク9.7kg-mを発生する1.2L直3SOHC9バルブエンジン(吸気2、排気2バルブ)を搭載したフルタイム4WD車を追加しました。

その後初代ドミンゴは1994年にフルモデルチェンジするまで発売されますが、ミッションはなんと5速MTのみ。ジャスティに設定されたECVTのミッションは搭載されませんでした。

ドミンゴは1994年9月、11年振りにフルモデルチェンジを行い2代目へとスイッチします。2代目ドミンゴも初代同様に軽自動車のサンバーディアスをベースとしています。

搭載されるエンジンは1.2L直3SOHCのままですが、燃料噴射装置が電子制御のEMPiとなり最高出力が61psまで向上。懸案だったミッションも5速MTに加えて、ECVTを追加しました。駆動方式はRRとフルタイム4WDの2種類で、キャンピングカー仕様のアラジンを設定するなどバリエーションを追加しました。

しかし、小型の1BOXカーがセミキャブオーバーへと移行。さらにスバルの軽自動車が4気筒エンジンを搭載している中でドミンゴは直3エンジンを搭載するなど、時代に取り残された感があり、初代ほどセールスは伸びませんでした。

(萩原文博)

コンパクトミニバンのパイオニアとして人気を博すも時代に取り残されていった、スバル・ドミンゴ【SUBARU誕生カウントダウン特集・富士重工の名車】 (http://clicccar.com/2017/03/30/458130/)