(写真左)星野源、(写真右上段左から)仲里依紗、眞島秀和、(写真右中段左から)中村ゆり、渋川清彦、(写真右下段)石田ゆり子

写真拡大

 今夏スタートする星野源主演ドラマ『連続ドラマW プラージュ』に、仲里依紗、眞島秀和、中村ゆり、渋川清彦、石田ゆり子が出演することが発表された。

参考:星野源は“ダメ人間”を演じるのが得意? 今夏放送『ドラマW プラージュ』への期待

 同ドラマは、誉田哲也の同名小説を、『バースデーカード』の吉田康弘監督によりドラマ化したエンターテインメントミステリー。さまざまな過去を背負う厄介者たちが集まるシェアハウス“プラージュ”を舞台に、“訳あり”住人たちが起こす様々な騒動と人間の再生を描き出す。

 このたび発表されたのは、星野演じる、思わぬことで“前科者”になってしまった主人公・吉村貴生とシェアハウスで生活をともにする“厄介者”を演じるキャスト。『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に続いての星野との共演になる石田が、心優しき“プラージュ”のオーナー・潤子役を演じるほか、壮絶な過去を持ち、心を失いかけている美羽役に仲、何か狙いがありそうな、やや正体不明の彰役に眞島、昔の男との因縁から逃れられないまま、明るく振る舞い続ける紫織役に中村、ある事件で恋人と別れ夢を諦め、今は古着屋で働く通彦役に渋川が名を連ねた。(リアルサウンド編集部)