眞島秀和、中村ゆり、渋川清彦ら多彩な面々 (C)WOWOW

写真拡大

 星野源が主演するWOWOWドラマ「プラージュ」に仲里依紗、眞島秀和、中村ゆり、渋川清彦、石田ゆり子が出演していることがわかった。石田はワケありの人々が集うシェアハウス・プラージュのオーナーに扮し、星野とは2016年に大ヒットしたTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に続く共演を果たす。

 「ストロベリーナイト」などで知られる人気作家・誉田哲也氏による同名小説を原作に、「バースデーカード」「江ノ島プリズム」などの吉田康弘監督の演出で映像化。旅行代理店に勤める冴えない営業マン・貴生(星野)は、仕事や恋愛の憂さ晴らしに出かけた先で覚せい剤に手を出し逮捕されてしまう。会社を解雇され、住居も火事で失うが、執行猶予中の貴生が借りられる物件はなく、プラージュというシェアハウスに流れ着く。「基本家賃は5万、掃除は交代制、個室の仕切りはカーテンのみ、ただし美味しい食事つき」という条件を受け、軽い気持ちで住み始めたものの、貴生は“ワケあり”の住人たちによる騒動に巻き込まれていく。

 贖罪と更正をテーマにした涙とユーモアにあふれるエンタテインメントミステリーである今作に、多彩な面々が結集した。石田がプラージュのオーナー・潤子を演じ、「土竜の唄 香港狂騒曲」の仲は心を失いかけている美羽役、「愚行録」の眞島は素性不明の彰役。さらに「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の中村は過去の恋愛の因縁から逃れられない紫織役、「下衆の愛」の渋川は夢も恋人も諦めた通彦役を担っている。

 「連続ドラマW プラージュ」は、今夏からWOWOWプライムで土曜午後10時放送。全5話で、第1話は無料。