左から大塚寧々、荒川良々

写真拡大

7月22日から全国で公開される実写映画『心が叫びたがってるんだ。』の追加キャストが発表。あわせて特報映像が公開された。

【動画と画像を見る(3枚)】

同作は2015年に公開されたアニメーション映画の実写版。幼少期のある出来事がきっかけで、喋ると激しい腹痛に見舞われてしまう高校2年生の少女・成瀬順が、「地域ふれあい交流会」の実行委員に3人のクラスメイトと共に任命され、ミュージカルでヒロイン役に挑むというあらすじだ。順のクラスメイト・坂上拓実役を中島健人(Sexy Zone)、順役を芳根京子、拓実の元恋人・仁藤菜月役を石井杏奈(E-girls)、肘を故障した野球部のピッチャー・田崎大樹役を寛一郎が演じる。

新たに出演が発表されたのは、心に傷を持つ順を心配しながらも辛く当たってしまう母親の泉役を演じる大塚寧々、拓実や順の担任教師で、彼らを「地域ふれあい交流会」の実行委員に指名する城嶋一基役を演じる荒川良々。

公開された映像では、「あの日、初めて仲間ができた。初めて歌を歌った。初めて気持ちを伝えた。あの日、初めて泣いた。言葉にすれば、何かが変わるはず。だって、私の『心が叫びたがってるんだ。』」という順の心境を語ったレーションと共に、音楽室、教室、体育館、屋上など学校の風景が映し出されている。

■大塚寧々のコメント
たくさんの方に支持されている作品に参加することが出来て、とても嬉しいです。
この作品のテーマの「伝えることの大切さ」は、現代を生きる私たちすべてに通じるものだと思います。
私が演じる泉も、芳根京子さん演じる、娘・順へ愛情をきちんと伝えられず、長い間、葛藤を続けています。
今、青春真っ只中にいる方はもちろんのこと、社会人や、親世代の方なども、共感できる作品だと思いますので、ぜひ観ていただけたら嬉しいです。

■荒川良々のコメント
ま、まさか!自分がまっとうな教師をやるとは!
...思えば遠くへきたもんだ...