『連続ドラマW プラージュ』

写真拡大

今夏にWOWOWで放送される『連続ドラマW プラージュ』の追加キャストが発表された。

【もっと画像を見る(2枚)】

誉田哲也の小説をもとにした同作は、軽い気持ちで覚せい剤を使用して逮捕され、前科者になってしまった吉村貴生が主人公。火事で住む部屋を失った貴生が、シェアハウス「プラージュ」で暮らし始め、「訳あり」な住人たちが起こす様々な騒動に巻き込まれる、というあらすじだ。これまでに、主人公の貴生役を星野源が演じることが明らかになっていた。

今回発表されたのは、貴生と共にプラージュで生活する住人たちのキャスト。プラージュのオーナー・潤子役を『逃げるは恥だが役に立つ』で星野と共演した石田ゆり子が演じるほか、壮絶な過去を持つ美羽役に仲里依紗、素性不明の彰役に眞島秀和、過去の恋人との因縁から逃れられない紫織役に中村ゆり、ある事件をきっかけに夢を諦めた通彦役に渋川清彦がキャスティングされている。