© Google Inc. 以下同じ

iPhone版のリリースから2年、『Google カレンダー』の公式アプリがiPadにようやく対応しました。

iPad版Google カレンダーはiPhone版と何が違う?

iPhone版にある「3日」ビューはiPad版にありません。「3日」ビューはiPhoneの縦画面に最適化されているからです。

iPadにはヘルスケアアプリがないので、ヘルスケアと連携する機能も使えません。
Googleカレンダーの新機能「ヘルスケア連携」とは?

iPhone版に比べ、iPad版の方がカレンダー・予定は見やすいです。1度に表示できる予定の件数も増えます。


Google カレンダーと標準カレンダーの違い

Google カレンダーと、iPadに最初から入っている標準のカレンダーアプリは何が違うのでしょうか。

予定入力が楽

Google カレンダーでは件名のほかに場所・時間帯をまとめて設定できるので、予定を作成する際の手間を減らせます。


スケジュールビューが見やすい

「スケジュール」ビューでiPadを横表示にすると、カレンダーを左に、予定を右に表示。目的の日付に手早く移動でき、予定を確認できます。

さらに予定の内容に応じてイラストや写真が表示されるので、予定の内容がひとめで分かるのも便利です。


ゴール・リマインダーが便利

たとえば「ジョギングを週3回やる」といった目標を設定すると、空いている時間を探して自動で設定してくれます。
→ 『Googleカレンダー』の知られざる便利機能 その1


リマインダー機能を使えば、予定とToDoの両方をGoogle カレンダーで管理できます。

スワイプで削除・完了が便利

「スケジュール」ビューで予定を右にスワイプすると、予定を簡単に削除できます。ゴールやリマインダーの場合、完了済みにできます。


iPadでも予定を管理している方はぜひお試しください。