29日、中国外交部の陸慷報道官は、高高度防衛ミサイル(THAAD)の在韓米軍配備について、「地域の関係国を地域の戦略的バランスを崩すプロセスに引き込むものであり、とても不幸なものだ」と述べ、関係国に配備中止を求めた。

写真拡大

2017年3月29日、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は定例記者会見で、高高度防衛ミサイル(THAAD)の在韓米軍配備について、「率直に言えば、これは、地域の関係国を地域の戦略的バランスを崩すプロセスに引き込むものであり、とても不幸なものだ」と述べ、関係国に配備中止を求めた。中国中央テレビのニュースサイトが伝えた。

ロシアのラブロフ外相は28日のインタビューで、ロシアと中国はTHAADの韓国配備に反対しているとし、「THAADシステムを含む米国のミサイル防衛システムは地域の安全に悪影響を及ぼしている」と語った。中国軍とロシア軍も同日、ジュネーブで反ミサイル問題に関する共同ブリーフィングを開催し、共通の立場を述べている。

陸報道官は、「米国はTHAADを韓国に配備することでグローバルなミサイル防衛能力を強化しようと計画しているとの見方が出ているが、中国もそう考えているか」と聞かれ、「各国は自らの安全保障上の利益を考えなくてはならないが、他国の安全保障上の懸念も尊重すべきだ。いかなる国がミサイル防衛システムのグローバル展開を進めることによって一方的に安全保障を追求しても、それは核軍縮のプロセスを著しく妨げ、対立や軍拡競争を引き起こし、世界と地域の戦略的な安定と均衡を危うくすることになる」とし、「率直に言えば、これは、地域の関係国を地域の戦略的バランスを崩すプロセスに引き込むものであり、とても不幸なものだ。関係各国は、中国を含むこの地域の国々の合理的な安全保障上の懸念に正面から向き合い、自らの根本的利益も考慮した上で、THAAD配備を即座に中止するよう改めて求めたい」と述べた。(翻訳・編集/柳川)