日本代表のGK川島永嗣【写真:Getty Images】

写真拡大

 28日に2018年ロシアW杯アジア最終予選の試合が行われ、日本代表はホームでタイ代表と対戦し4-0の勝利をおさめた。この試合の後、日本代表GK川島永嗣が英メディア『ESPN FC』のインタビューに応じている。その中でタイ代表の印象について語った。

 まず最初に「タイ代表の戦いぶりはとても印象的に残っている。フィジカル的にも技術的にも素晴らしいものを持っていると感じた」と、相手のプレーを評価。続けて「僕たちは前半苦しめられたし、本当に感銘を受けたと言わざるを得ない」とコメントしている。

 一方で「チャナティップとシロー・チャットーンは特に強かった。チーム全体としても良かったね。タイ代表は過去に比べて遥かに強くなっている」と、タイ代表の2選手の才能を認めた。次回対戦時にはさらに成長を遂げたタイ代表と対戦することになるかもしれない。

text by 編集部