北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は29日、朝鮮中央通信とのインタビューを通じて、米国などが北朝鮮に対して金融制裁騒動を繰り広げていると非難した。

銀行間の国際決済ネットワークを運営する国際銀行間通信協会(SWIFT)は今月中旬、北朝鮮のすべての銀行を、銀行間の決済に必要な通信サービスにアクセスできないようにすると発表。北朝鮮外務省の主張は、こうした動きに反応したものと見られる。

報道官は、「最近、米国をはじめとする敵対勢力がヒステリックに繰り広げている対朝鮮金融制裁騒動は、われわれとの政治的・軍事的対決で守勢に追い込まれた連中の窮余の策にすぎない」と指摘。

また、「今回、『世界銀行間金融通信協会』でわが銀行機関に対する金融通信サービスを禁止する措置が取られたというが、実際にわが銀行はすでに久しい前からスウィフトと関係を持っていない」と主張した。

さらに、「諸般の事実は、米国が対朝鮮金融制裁騒動にそれほど狂奔するのは、われわれの対外的イメージに泥を塗り、国際的な反共和国制裁・圧迫の雰囲気をいっそう鼓吹してみようとするところに下心があるということを如実に示している」と強調した。

そのうえで、「米国とその追随勢力がわれわれの核兵器を奪ってみようと国連制裁だの、単独制裁だの、何のとして、ありとあらゆる卑劣な行為を働いても、それは制裁の不当性と非道徳性だけを浮き彫りにさせるだけで、必勝の核の霊剣をとらえて自力自強の旗を高く掲げ、社会主義強国の建設を早めて前進するわれわれの前途を阻むことはできない」と述べた。