Appleはしばらく前から、アプリへの64ビットへのアップデートを推奨しており、iOS11では32ビットアプリは使えなくなるとの噂も浮上しています。
 
この度リリースされたiOS10.3では、自分のiPhoneにインストールされているアプリのなかで、どれが32ビットアプリなのかが、ひとめで確認できるようになりました。

iPhoneにある32ビットアプリを確認するには

iOS10.3では、64ビットに対応していないアプリを開くと、iPhoneの動作に影響するという警告が表示されます。ただしこれでは実際にそのアプリを開くまで、どのアプリが32ビットなのかはわかりません。
 
しかしiOS10.3では、すべての32ビットアプリを一覧で確認することができるのです。

 

まず「設定」を開きます

 

IMG_3006

次に「一般」をタップします

 

IMG_3007

「情報」をタップします

 

IMG_3008

「App」をタップして表示されたアプリが、32ビットのアプリです。タップできなければ、すべてのアプリが64ビットにアップデートされているということです

 

IMG_3009

筆者のiPhoneには32ビットアプリが3つありました

 
次のメジャーアップデートとなるiOS11では、32ビットアプリは使えなくなる可能性があるので、一度確認しておくことをお勧めします。

 
 
Source:AppleInsider
(lunatic)