幸せ! 彼氏が喜ぶ「彼女からの愛情表現」6つ

写真拡大

恋人同士としての付き合いが長くなると、積極的に愛情表現をする機会が減ってしまうことも……。確かに何も言わなくても通じ合える部分も増えるでしょうが、好きな人からの愛情表現はどんなときでもうれしいはずですよね。今回は、一番うれしかった彼女からの愛情表現について男性たちに聞いてみました。

■積極的なスキンシップ

・「スキンシップ。積極的に抱きつく、手を握るなど」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「彼女から積極的にくっついてきてくれた」(35歳/その他/事務系専門職)

意識してスキンシップをするというのは、愛情がストレートに伝わる方法の一つ。女性のほうからスキンシップをするのは恥ずかしいと思うこともあるでしょうが、男性からすると愛されていることを実感するみたいですね。

■心配してくれる

・「風邪をひいたときに看病に来てくれたこと」(38歳/不動産/専門職)

・「帰りが遅くて心配してくれるとき」(28歳/その他/その他)

体調が悪いときや仕事が大変そうなときに、心配してくれる彼女に対して愛情を感じるという男性も。気持ちも体も弱っているときには、彼女の優しさが身に染みるということでしょうね。

■言葉での愛情表現

・「ストレートに『好き』と言われること」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『愛してる』と言葉で伝えられる」(38歳/機械・精密機器/技術職)

何も言わなくても伝わる関係もいいけれど、たまには「好き」とか「愛してる」と言葉で伝えるのも良さそう。面と向かって愛の言葉を囁いてみると、彼をドキッとさせることもできそうですね。

■お弁当を作ってくれた

・「昼の弁当をサプライズで作ってくれた」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「花見に三段重のお弁当を作ってきてくれた」(37歳/不動産/営業職)

手間をかけて作ってくれたお弁当を食べるときに、彼女に愛されているなとうれしくなる男性も。コンビニや外食などで、わびしい食生活をしている男性には、やはり手料理というのが喜ばれるようですね。

■誕生日のサプライズ

・「サプライズで誕生日会を開いてくれた。友人たちを招いて」(34歳/情報・IT/技術職)

・「誕生日にサプライズ旅行」(30歳/その他/その他)

誕生日をそれほど重要視しない男性やサプライズは苦手という人でも、実際に彼女の気持ちがこもったプレゼントをもらうとうれしいのかも。普段から彼が何をほしがっているのかリサーチしておくとサプライズも成功しそうですね。

■気持ちを理解してくれた

・「忙しく会えない日が続いても、まったく愚痴を言わなかった」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「仕事で大きなミスをしてつらいときに、何も聞かずギュッと抱きしめられたとき」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

つらいときや疲れているときに自分の気持ちを理解してほしいのは、身近な存在である彼女。全てを受け止めてくれるようにそっと寄り添ってくれることが一番の愛情表現だという男性も多そうですね。

■まとめ

言葉や態度で伝わってくる彼女からの愛情。どんな表現の仕方でも、愛されていることを実感した男性たちがうれしく思う気持ちは同じようですね。ただ、ずっと一緒にいるとそれが当たり前になって、愛情表現するほうもされるほうも慣れてしまって有り難みを感じにくくなることもありそう。大切な人だからこそ、しっかり気持ちを伝えること、それをきちんと受け止めることを忘れないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数380件(22歳〜39歳の働く男性)