日本代表の吉田麻也【写真:Getty Images】

写真拡大

 28日に2018年ロシアW杯アジア最終予選の試合が行われ、日本代表はホームでタイ代表と対戦し4-0の勝利をおさめた。この試合の後、日本代表DF吉田麻也が英紙『ESPN FC』のインタビューに応じている。その中でタイ代表FWチャナティップ・ソングラシンと会話したことを明かした。

 まず最初に「僕たちにとって本当に不調な試合だったと思うが、何よりも重要なことは勝ち点3を獲得したこと。ただ、僕たちは多くのことを改善しなければならない」と、試合について振り返っている。

 続けて「夏に北海道コンサドーレ札幌に移籍するチャナティップと会話した。彼に対して”君はタイのリーダーとして活躍しなければならない”と言ったよ。彼の成功を祈っているし、タイのサッカー界の繁栄を願っている」と語った。チャナティップは”タイのメッシ”として期待されており、今年7月にタイ1部ムアントン・ユナイテッドから札幌へ移籍することになっている。

text by 編集部