男性が年上女性にキュンとくる瞬間・6選

写真拡大

年下の男性とお付き合いすることも最近では、珍しくないですよね。「年上」だけでなく、「年下」の男性も恋愛対象として見ることで、より出会いの幅が広くなるというメリットもあります。こんなとき、大切なのは年下男性の心を上手に動かすこと。そこで今回は、働く男性たちが年上の女性に対して、「かわいい!」と思う瞬間について聞いてみました。

■意外と、ドジ!

・「プライベートでは意外とドジが多い」(34歳/マスコミ・広告/経営・コンサルタント系)

・「たまにドジして恥ずかしがる」(35歳/その他/その他)

年上女性に対して、「しっかりしている」というイメージを抱く男性は多いはず。しかしそんなイメージを覆すような「ドジ」を目撃した瞬間、イメージが変わるのでしょう。計算ではないドジで、年下男性の心をつかみましょう。

■とびきりの笑顔

・「おいしいと言うときのとびきりな笑顔」(30歳/建設・土木/技術職)

・「笑顔と話し方で」(36歳/機械・精密機器/事務系専門職)

年齢に関わらず、女性を魅力的に見せるためのエッセンスと言えば「笑顔」です。気取らない、素のままの笑顔を見せられると、思わずドキッとする男性も多いと言えそう。「はしたない」なんて思わず、ときには思い切り笑ってみてはいかがでしょうか。

■ミス!

・「普段はしっかりしているのに、たまにミスをしてしまうところ」(22歳/不動産/営業職)

・「何か小さな失敗をしたとき」(35歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

仕事上での些細なミスが、年上女性の近寄りがたさを緩和してくれるケースもあるよう。重大なミスではなく、些細なミスというところがポイント。年下男性にとって、より親しみを感じる相手となりそうです。

■謝れること

・「失敗したときにちゃんと謝っているところ。ちゃんとプライドも捨てて」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「失敗したときに謝ってきたとき」(35歳/情報・IT/技術職)

もちろん自分がミスをしたときには、丁寧な謝罪が必須です。「年下だから」「年上だから」なんて理屈に囚われず、相手のことをきちんと思いやる姿に、「おっ」と思う男性も多いのでしょう。

■意外と乙女

・「時折、見せる乙女な部分。普段、姉御肌な人ほど、ギャップでキュンとくるかもしれません」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「ぬいぐるみを抱いてるとき」(32歳/自動車関連/技術職)

これまであまり年上女性を恋愛対象として見てこなかった男性の場合、年上女性から無意識に「女性らしさ」を排除しているようなケースもあります。意外と乙女な部分を見せることで、相手をハッとさせられるのかも……!? ぶりっ子にならない程度に、頑張ってみてください。

■ギャップ

・「ガーデニングとか家庭菜園とかで、頑張って土いじりしてるとき」(27歳/食品・飲料/技術職)

・「普段は落ち着いているのに、あるときに子どもっぽいところが出る」(37歳/農林・水産/その他)

年上女性に限らず、異性の気を引きたいときに、ギャップアピールは有効な方法です。自分なら、どんなギャップをアピールできるのか、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

■まとめ

年下男性に「かわいい!」と思われる年上女性には、年齢を重ねても恋のチャンスをつかみやすいという特徴があります。「年下は守備範囲外だから……」なんて思わず、素のままの自分をアピールしてみてはいかがでしょうか? 意外と近くに恋のチャンスが転がっているのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数207件(22歳〜39歳の働く男性)