新型「マツダ CX-5」に「助手席リフトアップシート」を搭載(マツダの発表資料より)

写真拡大

 マツダは29日、新型「CX-5」に「助手席リフトアップシート」を搭載した機種を追加し、発売した。2代目となる新型CX-5は、2月2日に発売。発売後1カ月で、月間目標の約7倍となる受注台数を記録していた。

【新型CX-5は】マツダ、新型「CX-5」発売1カ月で1万6639台受注、目標の7倍近く

 「助手席リフトアップシート車」は、新型CX-5をベースに、助手席シートが回転し昇降するリフトアップ機構を採用。付属のワイヤレスリモコンやシート両側のスイッチ操作でスムーズな乗降を実現し、高齢者などの乗り降りをサポートする。

 グレードは、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」とクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」をラインナップ。「SKYACTIV-D」搭載車には前輪駆動と4輪駆動を設定している。

 メーカー希望小売価格は「SKYACTIV-G」が305万、「SKYACTIV-D」の2WDが313万円、4WDが334万円(いずれも税抜)。