写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デンソーは3月29日、半導体ウェハの生産能力の拡充などを目的に、同社のグループ会社であるデンソー岩手に新工場を建設することを決定したと発表した。

新工場への投資額は2020年までに約100億円が予定されており、これにより半導体ウェハの生産能力が拡充されるほか、2017年6月より生産が開始される予定の半導体センサや、自動車用メーターなどの生産も担当することが計画されているという。新工場の着工は2017年10月で、完成は2018年10月を予定。2019年5月からの順次生産開始を見込んでおり、同社ではこの新工場建設に併せて、従業員数も2020年には約1000名まで増加する見込みだとしている。

(小林行雄)