「賢い人ほど間違える」だからデカルトは書を捨てて旅に出た

写真拡大

■人はみな認知バイアスの罠に陥っている

前回(http://president.jp/articles/-/21540)「認知バイアス」について簡単に触れたが、いまやネットで「認知バイアス」と検索すれば、数多くのバイアス例を知ることができるし、解説書もたくさん出版されている。そして、人間一般に見られる認知バイアスを知ることは、ことのほか楽しいし、新しい知見を得て賢くなった気分にもなれる。

たとえば、ほとんどの人間は自分の知能やスキル、性格などに対する評価が甘くなる「楽観バイアス」を持っており、それを証拠づけるデータや事例は事欠かない。仕事を引き受けたときには、納期や締め切りに間に合うと思っているし、結婚するときには、誰もが「自分たちは離婚しない」と考えている。運転手の9割は、自分の運転能力は平均以上だと思っている。私自身を振り返っても、耳の痛いことばかりだ。

あるいは、一度申し込んだ定期購読の雑誌やメルマガを、読みもせずに継続している人は少なくないはず。これは「現状維持バイアス」と呼ばれるものだ。さらに、身内びいきの「マイサイド・バイアス」や、自分の思い込みに対する否定的要素を受け付けない「確証バイアス」など、挙げていけばキリがない。

いずれにしても、こうした認知バイアスは、人間の不可思議で非合理な性質を教えてくれるし、それを知った自分は俯瞰的な視点に立った気になる。多くの啓発書でも、認知バイアスをまぬがれるためには、自覚することが第一歩だという結論で終わるものが多い。

しかし、認知バイアスは、直感的に知ったり自覚したりすれば治るようなものではないと、哲学者のジョセフ・ヒースは『啓蒙思想2.0』(NTT出版)のなかで力説している。

<知識は私たちを解放するか? 残念ながら、心に関しては、答えはノーである。バイアスについて知っているだけでは、バイアスにかかりにくくはならない。それどころか、知識は逆効果になりかねない。バイアスのことはよく知っている、まさにそのために、影響を免れられると思い込んでしまう>

もちろん、まったく知らないよりは知ったほうがいいし、注意すればいくらかは誤りにくくなることだってあるかもしれない。でも、その効果はたかが知れている。

■認知バイアスは自分だけでは治らない

では、どうすればバイアスを免れることができるだろうか。

ヒースが真っ先に挙げる答えは「他者の誤りを正そうとする意志」、要するに「あなたは間違っている」と言ってくれる他者の熱意というものだ。

ちょっと肩透かしを食らった気がするが、認知バイアスは自覚して治るものではないのだから、自分以外の何かに頼るしかない。そもそもソクラテスだって、わざわざ問答をすることで、相手が「無知の無知」であることを論証していったのだから。(「実験で証明!『知識や技能が低い人ほど自己評価が高い」』を参照 http://president.jp/articles/-/21413?page=2 )

とはいえ、私たちの認知バイアスをしょっちゅう修正してくれるような他者なんて、そんなにいるとは思えない。家族や仲間、同僚の場合、身内びいきの「マイサイド・バイアス」の罠に陥って、誤りがいっそう増幅してしまう恐れもある。

ここで、近代哲学の祖とされるルネ・デカルトに登場願おう。というのも、彼こそ中世と近代の過渡期にあって、バイアスを取り除くことに激しい欲求を抱いていた人物だったからだ。

デカルトの主著『方法序説』は、哲学書としては異例といっていいほど読みやすい。しかも、凡百の自己啓発書が束になってもかなわない知恵が詰まっている。この記事を読む時間があったら、読者には『方法序説』を読んでほしいと思うくらいだ。

『方法序説』のユニークなところは、デカルトが自らの生涯をたどりながら、「どのように自分の理性を導こうと努力したか」を自伝的に語っている点だ。

その第一部には、彼が学校で学ぶ学問に期待し、幻滅するまでの経緯が率直に語られている。

<わたしは子供のころから文字による学問〔人文学〕で養われてきた。そして、それによって人生に有益なすべてのことについて明晰で確実な知識を獲得できると説き聞かされていたので、これを習得すべくこのうえない強い願望をもっていた>(『方法序説』谷川多佳子訳、岩波文庫)

ところが、学業の全課程を終えると、デカルトは「まったく意見を変えてしまった」。

<というのは、多くの疑いと誤りに悩まされている自分に気がつき、勉学に努めながらもますます自分の無知を知らされたという以外、何も得ることがなかったように思えたからだ>

この後で、デカルトは、学校で学んだ歴史、修辞学、神学、哲学に批判の矢を浴びせるが、数学だけは違った。数学の論理は、人文系の学問と違い、「確実性と明証性」を備えていたからである。

■デカルトは「旅」でバイアス退治に取り組む

デカルトは、数学のような確実な知を得ることを強く望んでいた。ところが人文学は、彼にとってバイアスまみれのように思えたのだ。そこで、学校を卒業した後は、書物の学問をごっそり捨ててしまう。

<わたしは教師たちへの従属から解放されるとすぐに、文字による学問〔人文学〕をまったく放棄してしまった。そしてこれからは、わたし自身のうちに、あるいは世界という大きな書物のうちに見つかるかもしれない学問だけを探求しようと決心し、青春の残りをつかって次のことをした。旅をし、あちこちの宮廷や軍隊を見、気質や身分の異なるさまざまな人たちと交わり、さまざまの経験を積み、運命の巡り合わせる機会をとらえて自分に試を課し、いたるところで目の前に現れる事柄について反省を加え、そこから何らかの利点をひきだすことだ>

デカルトは、書物を捨てて旅に出たのだ。30年戦争が始まる1618年、22歳のときである。オランダ、ドイツ、イタリア、パリなどを遍歴した。オランダに移住して腰を据えたのが1628年なので、10年近くにわたって旅の生活を続けたことになる。

彼が旅から学んだことは、次のように記されている。

<われわれにはきわめて突飛でこっけいに見えても、それでもほかの国々のおおぜいの人に共通に受け入れられ是認されている多くのことがあるのを見て、ただ前例と習慣だけで納得してきたことを、あまり堅く信じてはいけないと学んだことだ>

旅に出て、他者と交流するなかで、デカルトは「前例と習慣」からなるバイアスを相対化し、自らの哲学を確立していった。

デカルトの哲学にとってはプロローグにすぎない旅の話だが、その経験は、バイアス退治の示唆に富んでいる。それは、自分の見知った場所とは異なるところに身をおいてみることだ。

しかし皮肉なことに、「自分の国、自分の書物」から離れて、執拗にバイアスを取り払おうとしたデカルトの哲学、そしてそこから発展した近代哲学に対しては、バイアス退治の効果は薄いという批判が少なからず向けられている。その理路を考えながら、もうしばらくバイアス退治の話におつきあい願いたい。

(斎藤哲也=文)