お気に入りのアクセサリーや服、靴、カバンなどのなかに、元カレとの思い出がありすぎなアイテムってありませんか? モノに罪はない……とはいえ、見るたびに終わった恋を思い出しちゃうなら、次の出会いを呼び込む邪魔になってるかも!? そんなファッションアイテムの処理方法について考えてみたいと思います。

クローゼットの中身、思い出だらけになってない!?



元カレからプレゼントでもらったアクセサリーやカバンなどはもちろん、デートのときによく着ていた服とか、彼がかわいいって言ってくれたアイテムまで含めると、元カレに関係あるファッションアイテムって結構な量になりますよね。

高いアクセサリーって捨てちゃうのはもったいない気もするし、服もカバンも日々のファッションコーデに定着してると、急に変えるのはハードルが高いと思います。それから、今はいないけど自分にもこの間まで恋人がいたんだって確認できると、女として安心な部分もありますよね。

で、そのままなんとなく全部使い続けることって、よくあるんじゃないでしょうか?

思い出が新しい恋の邪魔に!?
でも、新しい恋をしたいと思ってるときって、それが思わぬ邪魔になってるときがあります。あきらかに彼氏のプレゼントっぽいアクセサリーをつけてたら別の男子からのアプローチを受け損なうこともあるし、見るたび着るたびに思い出を引きずっちゃうアイテムを使ってると、心のセンサーが出会いに鈍くなっちゃうことも!

そんなわけで、どうしようかなぁと思ったまま持ち続けがちな、思い出の品を断捨離するやり方を紹介します。

改善ポイント1:アクセサリーは手放して見た目からフリーに!



まず、復縁したいと思っている場合は別として、元カレからもらったアクセサリーをつけ続けるのはおすすめできません。そういうアイテムってそれなりに値段がするものだからこそ、手放すのが惜しい、というところもあると思います。ですがこれをつけていると、それなりに値段がしそうなアクセサリーをしてる=彼氏がいるんだ、と周りの男子にも見えてしまいます。

もうつける気にはならないけど、もったいなくて、なんとなく家に置いているという人も多いのではないでしょうか。でもはっきり言って、つける気にならないアクセサリーって、ずっと家にあっても困るだけだし、次の彼ができたらどっちみち処分する運命です。だったら早めに片付けて気持ちを整理したほうが、次の恋に向かう準備ができますよね。

せっかく高価なアクセサリーであれば、捨てるよりは売ったほうが節約になるし、もったいない罪悪感を持たなくて済むのでおすすめ。ブランドや宝石の価値的にジュエリーの買取ショップで対象にならないアイテムでも、古着の買取チェーンなら値段がつくことが多いです!

改善ポイント2:“ときめかない”服は処分しちゃうのもアリ



服ってどうしても「いつか着るかも」と思っちゃうと、もったいなくて捨てにくいアイテムですよね。でも、パンツの日とワンピの日では一日の気分が結構変わることからもわかるように、服ってすごく心に影響を及ぼすし、キャラに影響してくるところもあります。

元カレとの思い出が濃い服って、やっぱり彼と付き合ってたときの、過去の自分のテンションになっちゃう原因になりがちなんじゃないでしょうか。

そこでおすすめしたい服の断捨離の基準が、“ときめく”か“ときめかない”か! 具体的には、次に気になる人ができてデートするときや付き合ったとき、着ていきたいとイメージできるかどうかでジャッジします。あるいは、合コンとか飲み会に着ていきたいか、でもいいと思います。

この基準で考えてみて「ないな〜」と思った服は、やっぱり新しい彼ができたらいずれ捨てることになる服です。そう考えれば、古着屋やフリマアプリで売ったり捨てたりと、処分するハードルが下がるんじゃないでしょうか? 

クローゼットに空きスペースができれば、本当に必要な服を見つけやすくキレイにしまえるようになるし、大量の服を整理する時間も手間も省けちゃいます。

ファッションアイテムを断捨離して、元カレとの思い出やこだわりもさっぱり手放す方法を見てきました。出会いの多い春に備えて、休日にぜひトライしてみましょう。
(由井妙)