(C)AKS

写真拡大

 AKB48の48thシングル『願いごとの持ち腐れ』が5月31日に発売される。同作は6月17日に沖縄県豊見城市の豊崎海浜公園・豊崎美らSUNビーチで開催される『第9回AKB48選抜総選挙』の投票券が封入された一作だ。

・今回のシングルは由緒正しい「Nコン」中学の部の課題曲

 今回の「願いごとの持ち腐れ」はAKB48が女声三部合唱に挑戦した『Nコン2017・中学校の部』の課題曲であり、『みんなのうた』(NHK総合)では4月からオンエアがスタート。シングルにはすでに発表されている合唱バージョンとはアレンジが異なる、AKB48オリジナルバージョンが収録される。

 『Nコン』とはNHK全国学校音楽コンクールの略称で、昭和7年(1932年)から開催されているイベント。第二次世界大戦で中断された時期もあるが、今年で84回目という由緒正しい音楽コンクールだ。小学校、中学校、高等学校の部で課題曲があり、過去には中学の部ではアンジェラ・アキの「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜 」、ゆずの「友 〜旅立ちの時〜」、いきものがかりの「YELL」などが課題曲だったこともある。その由緒正しい『Nコン』の中学の部の課題曲にAKB48の「願いごとの持ち腐れ」が選ばれた。

・おだえりの歌唱力に期待

 3月20日に幕張メッセで開催されたAKB48の写真会イベントで、選抜メンバーが発表された。松井珠理奈(SKE48)と宮脇咲良(HKT48 兼 AKB48)がWセンターを務める同曲では35人が選抜メンバーとなった。各グループでの選抜の常連メンバーが多いなか、今回初選抜入りしたのはAKB48チームKドラフト研究生の久保怜音とAKB48チーム8の小田えりなの2人だ。

 その中でも注目されているのが「おだえり」の愛称でお馴染みのチーム8の小田えりなだ。小田はAKB48グループの中でも上位に入る歌唱力で、チーム8のコンサートやイベント、出演する番組でもソロで歌うことも多いため、今回の『Nコン』課題曲で初選抜入りしたということに納得したファンも多いだろう。小田自身も今回の選抜入りに対して「私はずっと歌うのが好きって言い続けてきました! こうして合唱曲という形の今回のシングルに選ばれて本当に嬉しいです!! 選ばれたのはたくさんの方が私の歌を好きって言ってくださったり評価してくださったおかげです!」とコメントしている。

 また、小田はSHOWROOMで「チーム8が始まった時は一番後ろの端だった。合唱曲でなかったら選抜入りしていなかった。合唱曲に感謝」とファンに直接思いを伝えた。続けて、「私が選抜に入れたのは、元をたどればファンの方のおかげ」とファンへの感謝を語る一幕も。小田がイベントで歌った「桜の花びらたち」をファンが撮影してYouTubeにアップ。その動画を『AKBINGO!』(日本テレビ系)スタッフが見たことで、歌企画「ディバチャン」への出演が決定したのだという。小田はその歌企画で見事優勝し、48グループでの歌姫の地位を確立していった。

 小田は以前に取材した際、「横浜アリーナでソロライブができるような人になりたい」と夢を語っていた。今回の選抜入りも夢への一歩といえるだろう。(佐藤 仁)