29日、中国僑網によると、オーストラリア・ヴィクトリア州の海岸で近年、潮干狩りにやって来る中国人観光客が急増しており、現地住民の不満が噴出しているという。写真はビーナス・ベイ。

写真拡大

2017年3月29日、オーストラリア華字紙・星島日報によると、オーストラリア・ヴィクトリア州の海岸で近年、潮干狩りにやって来る中国人観光客が急増しており、現地住民の不満が噴出しているという。

【その他の写真】

現地メディアによると、同州の海沿いにある人口500人の小さな町ビーナス・ベイでは8年前からピピ貝(アサリに似た貝)を目当てにやって来る中国人観光客が急増。夏になると数千人がビーチにやって来て潮干狩りに興じるという。

中国人観光客による貝の乱獲に加え、駐車場やごみ箱、トイレなどの施設、設備が飽和状態になることから、現地住民からは不満の声が噴出。観光客を狙ってタイヤをパンクさせたり、窃盗をしたりといった犯罪も起きているとのことだ。

現地当局は捕獲量の制限、スコップなど道具の使用禁止といった措置を講じているが、釣り餌にするピピ貝を目当てに来た地元漁師は「何もない。大きな貝など全くいなくなった」と漏らし、「いつもアジア系の人で埋め尽くされている。以前来たのはクリスマスの時だったが、海岸には3000人くらいの観光客がいた」と話している。

ラ・トローブ大学の人類学博士課程で3年にわたって現地の状況を研究しているリサ・ハットフィールドさんは「住民は『何でも根こそぎ持って行くのは中国人の文化で、現地の経済に貢献しない』と不満を抱いているが、実際にはそんなことはない。彼らの考え方はオーストラリアにおけるアジアに対する根深い印象を表している」と説明。一方で、現地住民の憂慮にも理解を示し「彼らはまさに街の変化に適応しようとしている。帰属感を失うのを恐れており、自分たちがないがしろにされていると感じているのだ」と語っている。(翻訳・編集/川尻)