肌の老化の原因の多くを占める紫外線。未来の自分がキレイでいるために対策はとても大切! 若いからといって油断は大敵です。紫外線対策のための上手なアイテムの取り入れ方や実際に行っているケア方法をお伝えします。


紫外線対策を今から始めるべき理由


寒さも和らいできたかな、と感じる今日この頃。1年を通して紫外線対策をしてほしいところですが、これからの時期は特に必須!! 「UVインデックス」という紫外線の強さを指標化したものがあり、これを月平均した値を気象庁のHPで見ることができるのですが、3月からは紫外線量がぐ〜んと増えてくるんです!

日焼け止めの表示を確認しよう!


紫外線をカットしてくれるものの1つに日焼け止めがあります。購入する時に、SPFやPAの表示を確認しますよね? これらはそれぞれ、どんな紫外線をカットしてくれるのかご存じでしょうか?

紫外線には2種類ある


紫外線には、波長の長いUV-A(A紫外線波)と、それよりも波長が短いUV-B(B紫外線波)があるといわれています。波長が長いUV-Aは肌の奥(真皮層)まで届き、シワやたるみを引き起こす原因に。UV-BはUV-Aよりも強いエネルギーを持っており、肌表面に影響を与え、シミやソバカス、肌が黒くなるといった肌表面に影響を及ぼすそう。そのため、どちらか一方のケアではなく、両方ともしっかりカットしてあげることが大切です。

日焼け止めにはPA、SPFという表示がありますよね! PAはUV-Aの防止効果を表したもので、SPFはUV-Bの防止効果を表したもの。数値が高ければいいという訳でなく、自分の生活スタイルに合った日焼け止めを選ぶことが大切になってきます。

紫外線カット剤の種類を知ろう!


日焼け止めに含まれる紫外線をカットしてくれる成分は、大きく2つに分けることができます。それぞれ、カット方法に特徴があるので一緒にみていきましょう!

1. 紫外線散乱剤
紫外線散乱剤は
紫外線を肌の上で反射させる物質のこと。金属を酸化させた粉体や細かい粘土質の粉などが用いられる
素肌美人になれる正しいスキンケア事典
タイプ。白浮きしやすく、肌のベタつきを感じるなど、使用感が悪いと感じるものもあるよう。



2. 紫外線吸収剤
紫外線吸収剤は
肌の上で紫外線を吸収する働きをもつ。科学的に吸収した光エネルギーを別のものに変換することで肌を守る
素肌美人になれる正しいスキンケア事典
タイプ。白浮きもせず使いやすさが魅力です。


この、紫外線散乱剤・紫外線吸収剤を組み合わせたものを、お店でよく見かけることがありますね! 一見、使用感などを見ると紫外線吸収剤配合アイテムがいいように思えますが、実はデメリットもあります。それは、肌の上で化学反応が起こるので、肌乾燥を感じやすかったり刺激を感じることがあるのです。
よって、ミネラルコスメには「紫外線吸収剤フリー」といった化粧下地などが多くあります。以上を踏まえ、肌へ与える負担を少なくしつつ、不快感を感じないように紫外線対策をしたいですね!

使う場所によって、アイテム選びの基準を変えよう!



そこで今回は、私が行っているアイテム選びの基準をご紹介します! また、メイク下地としても使うことができるアイテムも一緒にお届けしますね♪

体に使用するアイテムは、コスパの良いミルクタイプがおすすめ
洋服を着るので、全身ベタベタでは日中過ごしにくいですよね。また、全身に使うのでコスト面もかなり気になるところ。毎日広範囲に塗るので続けやすい、ドラッグストアなどで購入できるものがありがたいです!

そこで私は、テクスチャーもいいミルクタイプの日焼け止めを愛用しています。SPFは30程度のものを選び、ヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿成分配合のものを選んでいます! 紫外線吸収剤で作られているものでも肌乾燥をひどく感じることはあまりありません。顔同様、汗や服と触れて塗った日焼け染めが流れてしまうことがあるので、こまめに塗りなおすようにしていますよ!

ちなみに、『DHC ボディサンスクリーンミルク(日やけ止め)』(税込 1852円)を使っています!

顔に使うアイテムは、紫外線吸収剤フリーをチョイス!
顔が乾燥すると肌トラブルを引き起こす原因になってしまうことがあるので、乾燥させないようにすることが大切! そのため、顔に使う日焼け止めは、紫外線吸収剤フリーのアイテムを使用しています。


VINTORTE(ヴァントルテ) ミネラル シルク メイクアップベース ヴァントルテ 化粧下地 CC クリーム #01 v_mmb2-1 / ¥3024 / 天然ミネラルと、植物由来エキスで肌色を整え潤いを与えながら、透明感のある肌へ導くメイクアップ下地。 光の視覚効果で、気になる色ムラをカバーし、肌の自然な輝きを高めます。石けんで落とすことが出来ます。


THREE(スリー) アルティメイトプロテクティブプリスティーン プライマー THREEショップバッグ付 (トランスルーセント) / ¥4600 / エマルジョンのようにやさしい成分とテクスチャーで肌への負担を極力なくし、乾燥しがちな肌や荒れがちな肌も、ファンデーションときれいになじませる下地です。コントロール力のあるヌードベージュで肌の色むらを整え、つるんとなめらかな、上質なベースを完成させます。

こちらの商品は、白浮きやベタ付きを感じることなく、使用感抜群!

お顔に塗るときのコツ
額、鼻、両頬、アゴの5点にそれぞれ下地をおいて伸ばすと、ムラが少なく塗ることができます。この時、指の腹で優しく肌に触れるようにして伸ばしてあげ、肌への負担も少なくしましょうね! 

また、下地を沢山塗ってしまうと余計な部分がヨレてしまうので、のせすぎたときはスポンジなどで軽く叩くようにして余計な部分をオフしましょう。たくさん塗れば紫外線カット効果が高まる訳ではないので、メイク時は適量、日中の塗り直しを心がけましょう♪


SPFが低くて不安だと思われる方もいるかもしれませんが、高いSPFのものを使っていても、メイク時に塗った日焼け止めが汗やメイク崩れで流れてしまう可能性もあります。メイク直しの時に、紫外線防止効果があるものでお直ししてあげるほうが、紫外線対策がきちんとできますよ!

あくまで、私がアイテムを選ぶ時の基準です。みなさんも、ご自身の生活スタイルや肌状態に合わせてアイテムを選んであげてくださいね。SPFやPAが高ければいい! 塗り直せばいい! という訳ではなく、アイテムの特性をうまく利用して紫外線対策をしてあげましょう♪

参考文献:『素肌美人になれる正しいスキンケア事典』 監修 / 吉木伸子・岡部美代治・小田真規子
(常岡珠希)