写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●自動字幕生成機能で海外にも発信可能に
フジテレビと日本マイクロソフト(MS)が「新しい視聴者体験を提供するクラウド/AI技術」で連携する。具体的には、フジテレビが新たな才能の発掘を目指して運営する動画投稿サイトにMSの「Azure」を採用するということなのだが、果たしてAIは、ネット発のスター誕生に役立つのだろうか。

○動画投稿サイト「ドリファク」にMSの技術を採用

フジテレビは2017年1月に立ち上げた動画投稿サイト「Dream Factory」(ドリームファクトリー、以下:ドリファク)にMSのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用する。ドリファクはフジテレビが新たな才能を発掘すべく始めたもの。誰でも動画が投稿できる、いわばYouTubeのようなサイトだ。目標は、2020年までに世界で活躍するアーティスト、クリエイター、パフォーマーを生み出すことだという。

「スターを作りたい」。発表会に登壇したフジテレビの大多氏は、ドリファクを立ち上げた目的をこのように語った。もともとは別の放送局の番組だが、ドリファクはネットを使ったフジテレビ版「スター誕生」というような位置づけだ。

○AIが可能にする新しい視聴体験

AzureのAI機能により、ドリファクの視聴者は今後、さまざまな動画の見方ができるようになる。例えば顔認証技術を使い、ある人物の登場シーンだけをハイライトして、そのシーンにジャンプするような機能や、動画に出てくる言葉(セリフなど)を検索して、その言葉が出てくる場面を探すといった機能が実現の見込みとなっている。

最初に使えるようになるのは自動字幕生成機能だ。実装は2017年7月1日の予定。まずは英語、中国語、スペイン語、フランス語、日本語の5カ国語で始まるが、対応言語は増えていく予定だ。

AIとの連携により、ドリファクのコンテンツ発信能力は高まる。まずは自動字幕生成機能が備わるわけだが、これの有無で、海外に対するコンテンツの伝わりやすさは格段に変わるだろう。フジテレビはドリファクを使った海外マーケットへのコンテンツ輸出にも乗り気だ。

では、スターになりたいと思った人が、YouTubeではなく、ドリファクに動画を投稿するようになる可能性については、どのように考えたらよいのだろうか。

●サクセスストーリーを生み出せるかが焦点に
○甘くない動画投稿サイト運営、スター誕生なるか

YouTubeなどの先行者がいるなかで、動画投稿サイトに挑戦することについて問われた大多氏は、「そんなに甘くない」と同事業の難しさを率直に認めた。当面の目標としては、1万人の投稿者を抱える月間再生回数1,000万回規模のサイトを目指すという。

地上波で放送している番組とドリファクの連動や、テレビ局の情報発信力をいかしたプロモーションなど、フジテレビならではの強みもいくつかはある。しかし、すでに「YouTuber」という概念まで確立させてしまった先行者に迫るのは、はっきり言って相当むずかしそうだ。

「まずはサクセスストーリーを」と大多氏も語っていたが、ドリファク出身のスターが1人でも誕生すれば、このサイトの知名度も徐々に上がっていくかもしれない。例えば、ものまね動画で人気を得た投稿者がフジテレビの「ものまね紅白歌合戦」に出演し、ゆくゆくはスターになる、というような実例が生まれるかどうかが焦点だ。

今回の発表は、あくまでフジテレビとMSがドリファクで協力するという内容だったのだが、テレビ局がAIを利用することで、できることは増えそうな印象を受けた。AIはコンテンツをより多くの人に、より便利に伝える手段として活用できる。コンテンツの製作にかけてはテレビ局がプロフェッショナルだ。例えばドリファクに、フジテレビのコンテンツ製作能力を活用したオリジナルコンテンツを載せるような手法も、テレビ×AIの可能性を試す上で有効な手立てなのではと感じた。

(藤田真吾)