雨の多い日本、水害対策はどうあるべきか?


 近年、局地的な集中豪雨、いわゆる“ゲリラ豪雨”が世間を騒がせている。大規模な浸水被害を受けた地域があるのも、記憶に新しいだろう。天気自体を制御するのは難しいとしても、浸水などの水害に対して、増水を察知するなど予防的な対策はとれないのだろうか。

 このほど明電舎が、IoT機器向けのLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークを活用した、防災監視サービスの実証実験を、神奈川県厚木市で行うと発表した。IoTやLPWAを活用することで、どのような対策が取れるのだろうか。

 計測技術や端末の通信技術などを担当した、明電舎 水・環境システム事業部 戦略企画部長の平井和行氏に、今回の実証実験の背景や狙いを聞いた。

明電舎 水・環境システム事業部 戦略企画部長の平井和行氏。


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

培ってきた技術を生かしたい

――今回の実証実験に取り組むまでの背景を教えてください。

平井和行氏(以下、敬称略) 近年、集中豪雨、ゲリラ豪雨といった雨による浸水のリスクが高まってきました。それに対して国や自治体も何か対策を取らなければということで、2015(平成27)年度に水防法の改正がありました。水防法では、洪水や高潮の際にはまず状況を見ること、計ること、見える化することを謳っています。

 当社は重電メーカーとして、変圧器やモーター、発電機などといった単品から、上水道のプラント、下水処理場の機械を動かすための電気設備といったシステム製品まで、幅広く扱ってきました。その中で培ってきた、制御技術、計測技術、また通信技術などを、なんとか生かせないかということで、環境の分野、その浸水対策などに、提供を始めてきました。

――今回の実証実験は、なぜ厚木市で行うのでしょうか。

平井 国土交通省が過去にも厚木市と調査をやってきたという経緯があり、今回も国交省に紹介してもらいました。厚木市は数年前に、爆弾低気圧で水害に遭い、水害への防災意識が高いのです。国交省も、実際に水害や浸水など経験していて、ニーズの高い場所に、重点的に取り組んでいます。

――LPWAに着目したのは。

平井 大きな点は、コストを下げられるという点です。自治体などが取り組む上でのハードルを低くできます。今回は、これまでも協業の実績のあったKDDIのネットワークを利用しています。

浸水監視サービス実証実験の概要イメージ。(画像提供:明電舎)


クローズドからオープンなモデルへ

――昨年7月にも、IoTを活用した「都市型水害監視サービス」を発表していますが、今回の実証実験との違いはどこにあるのでしょう。

平井 通信方式にLPWAを採用したのが大きな点ですが、それ以上に事業の考え方が異なります。前回はどちらかというとクローズドなモデルでしたが、今回はオープンなモデルを目指しています。

――オープンなモデルとは。

平井 自分たちのオンリーワンな製品でやっているだけでは、他の誰も参入してこられず、広がっていきません。一般的な汎用IoTデバイスを使うことで、誰でも取り組めるということを示していきます。

 コストの低さや扱いやすさを見せていければ、自治体などの導入のハードルは下がっていくのではと考えています。そこからこうした取り組みを拡散していければと思います。

――オープン化することで、かえってリスクも生じてくるのでは。

平井 私どもの製品は、どちらかというと「堅牢」ということでやってきましたが、オープン化していろいろなものが参入してくると、そこまでではないものも出てくるでしょう。

 ただ、それはどういう使い方をするか、どこが重要でどこが重要でないかによって、求められるレベルが変わってくるでしょう。コストの問題も絡んできますので、その辺りも今回の実証実験の結果を踏まえて、うまく使い分けていってもらえればと思います。

――クラウド側は、何か特徴はあるのでしょうか。

平井 センサーから得られたデータは、人間に分かりやすいように作り替えることもできますし、また研究などの用途に向けて生データで出力することもできます。さらに、国交省のリアルタイム降雨観測システム「X-RAIN」と組み合わせての提供も可能です。

既存のストックを“賢く”使う

――今回の実証実験に取り組んでいく上での課題は?

平井 大きな課題は、やはり自治体などによって、現場の状況がそれぞれ異なるという点です。管きょも、周囲も、街自体が違います。ですから、今までやってきた経験が簡単に生かせるかというと、そうではありません。

 例えば、水位計1つ取り付けるにしても、状況が違うので、それに合わせた形にしなければいけません。また、LPWAの電波も街の中と違った飛び方をするのか、中継局を何カ所置けばいいのかなど、やってみないと分からない部分はあります。

――今回の実証実験の先にあるものは?

平井 降雨の実測値、降雨のシミュレーション、そして水位の実測値を合わせることで、水位の予測シミュレーションが可能になると考えています。それに基づけば、雨水ポンプの効率的な制御も可能になります。私たちの既存の仕事であるポンプ場の“賢い運転”につなげていきたい、というのが大きな狙いです。

――メーカーに求められる役割は。

平井 これまではプラントなど「作れ作れ」の時代でしたが、現在ではストック(資本)がたまってきました。つまり、「建設の時代」から「管理の時代」になってきています。

 その一方で、いろいろな課題や要求が増え、多様化してきました。それらに応えていくには、今あるストックもいかに有効に活用していくかが大事だと思います。

 そして、今はICTやIoTの技術をミックスして、よりよいものを提供していける時代です。そうすることで、社会に必要とされる企業であり続けたいと思います。

筆者:西原 潔