(c)2017 TAP Film Partners

写真拡大

 水谷豊が監督・主演を務める映画『TAP -THE LAST SHOW-』より、特別予告編が公開された。

動画はこちら

 本作は、40年前から想い続けたタップへの夢を物語に紡いだ水谷豊初監督作。数十年前の舞台での大事故により姿を消した元天才タップダンサーの渡真二郎が、旧知の劇場から「ラスト・ショウ」の演出を依頼され、彼の止まっていた時間が動き出していく模様が描かれる。

 このたび公開されたのは、全国でTOHOシネマズ シャンテでのみ上映される特別予告編。水谷演じる、傷めた足を引きずり酒におぼれる孤独な男・渡真二郎が、大規模なオーディションで若手ダンサーたちを厳しく指導する様子や、北乃きい、六平直政、前田美波里、岸部一徳ら共演者の姿が確認できるほか、本編ラスト24分間のダンスシーンの一部も収録されている。(リアルサウンド編集部)