米ニューヨークで、サムスン電子の新型スマートフォン「ギャラクシーS8」と「ギャラクシーS8+」を発表する同社幹部(2017年3月29日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】韓国サムスン電子(Samsung Electronics)は29日、仮想アシスタント「Bixby」を搭載する新型スマートフォン「ギャラクシーS8(Galaxy S8)」と「ギャラクシーS8+(Galaxy S8+)」を発表した。発火問題を起こした「ギャラクシーノート7(Galaxy Note 7)」の大量リコールや、自社グループトップの汚職事件により失った信頼の挽回を狙う。

 同社の高東真(コ・ドンジン、DJ Koh)無線事業部長は米ニューヨーク(New York)の発表会で、S8とS8+は「スマートフォンデザインの新時代」を画するものと語った。

 それぞれ5.8インチと6.2インチのディスプレーを持つ両機種は、同社の新デジタルアシスタント機能「Bixby」を搭載。米アップル(Apple)の「シリ(Siri)」や「グーグル・アシスタント(Google Assistant)」、アマゾン・ドットコム(Amazon.com)の「アレクサ(Alexa)」など競合製品がひしめき合う同分野に参入する。

 新型モデルの最大の特徴は、筐体前面を完全に覆う「インフィニティー(無限)ディスプレー」と呼ばれるガラス製スクリーンで、縁部分が継ぎ目なくカーブするデザインとなっている。ホームボタンは廃止され、代わりにスクリーンの一部が感圧式となった。両モデルともに防水仕様で、指紋と虹彩スキャンによる生体認証機能を搭載している。発売日は4月21日、米市場での価格はSIMフリー版が725ドル(約8万円)から。

 サムスンは、バッテリー過熱が原因の発火事故が相次いだノート7のリコールに追い込まれ、消費者に謝罪するとともに、S8の発売を延期していた。また、同社副会長でサムスングループの事実上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン、Lee Jae-Yong)被告が朴槿恵(パク・クネ、Park Geun-Hye)大統領の弾劾訴追につながった汚職疑惑に関連して逮捕・起訴されるスキャンダルにも見舞われた。

 一部アナリストからはS8のデザインを評価する声が上がっているが、アップルなどの競合製品よりも高い価格設定が懸念材料となる可能性も指摘されている。
【翻訳編集】AFPBB News