イラっとして勢いで怒鳴ってしまい大ゲンカに……。仲直りのパターンが決まっているカップルならいいですが、付き合いたてのカップルやケンカをしたことのないカップルは、どう仲直りしていいか困ってしまいますよね。
そこで今回は、彼氏とケンカをしてしまった時の、上手な対処法をご紹介します。


とりあえず彼と離れて一人になる


ケンカをしてしまったらまず、自分の心を落ち着かせましょう。頭に血が上った状態だと、思ってもないことを言ってしまい相手を余計に傷つけてしまったり、ケンカがさらに大事になってしまうことも。

別の部屋に行く、トイレにこもる、散歩へ行くなどして、一度一人になってもいいでしょう。女子はケンカをすると、その場でとことん決着をつけないと気が済まない、という人が多いですが、男子は逆で、とりあえず一人になって冷静に考えたいという人が多いのです。

互いに熱を冷ますという意味でも、一人になって深呼吸を。

何も考えなくてOK!
その時、ケンカの内容を考えることはいったん休憩。どれだけ一人になって冷静さを取り戻そうとしても、ケンカのことを考えてしまうとイライラしてしまいます。

とにかく「無」になることで、心を落ち着かせて正常な判断ができるようになるでしょう。

LINEで彼に謝る



自分が悪かったと思っても、謝ることはなかなか難しいことです。プライドは邪魔をするし、だいたいのケンカは両方が悪いので「自分からは謝りたくない!」と思ってしまいませんか?

そんな時は、いったん一人になって冷静さを取り戻したら、LINEで自分から謝ってみましょう。直接口で謝れなくても、LINEだと意外と簡単に謝れちゃいますよ。それはきっと、彼も同じなはずです。

仲直りをするのが目的じゃない
ただ、謝って終わりではダメ。ケンカの原因となったことを根本から解決しないと、また同じことでケンカを繰り返してしまいます。

冷静になって、お互いに謝った後はきちんと話し合いをしましょう。またイラッとすることもあるかもしれませんが、今度は怒りを抑えて。どこが悪かったのか、解決策はあるのか、しっかり考えましょう。

彼と一緒にご飯を食べる



とにかく一緒にご飯を食べれば、なんとなく場が和むことがあります。いったん冷静になったら、二人でおいしいものを食べに行くのもいいでしょう。

おなかが空いているとイライラしてしまいますし、精神衛生上は良くないことが多いもの。また、二人でおいしいものを食べることにより、自然と笑みがこぼれるかもしれません。

おなかがいっぱいになって落ち着いたら、お互いにきちんと謝って、大事な内容ならしっかりと話し合いましょう。

機嫌は早めに直すこと
一緒にご飯を食べるくらいまでになったら、彼ももう仲直りをしてもいいと思っています。にもかかわらず、いつまでもムスっとしていると彼もうんざりしてしまうかも。

機嫌を直すタイミングがわからなくなってしまうこともありますが、無理をしてでも笑顔を作ることが、時には大切なのです。

テレビをつける



ケンカの話題によっては、よくよく考えるとどうでもいい内容だった……なんてこともありますよね。そんな時は、テレビをつけるなどして場の雰囲気を和ませましょう。

イライラしていても、テレビの面白い話題に思わず笑ってしまい、ケンカの内容なんてどうでもよくなることがほとんどですよ。

消したほうがいい場合
ただ、ケンカの内容によっては、ついているテレビを消したほうがいいことも。二人の将来に関わることや、繰り返しケンカしてしまう内容、重めの内容の時は、テレビを見て笑ってしまうとさらに空気が悪くなってしまいます。

テレビをつけるか、それとも消すのかは結構重要な判断なのです。

互いの立場に立って物事を考えることができれば、ケンカは解決します。まずは怒りを抑える事、冷静になる事が、その第一歩となるはずですよ!
(彩香)