ダービー前に負傷者続出のエバートン、DFフネス・モリが左ヒザを負傷

写真拡大

▽4月1日にリバプールとの“マージーサイド・ダービー”を控えるエバートンだが、度重なる負傷者に悩まされている。イギリス『デイリー・メール』は、アルゼンチン代表DFラミロ・フネス・モリが代表戦で左ヒザを負傷したと報じた。

▽フネス・モリは、28日に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のボリビア代表戦で先発出場するも、36分に左ヒザを痛めて負傷交代を強いられていた。現時点で同選手のケガの詳細は判明していないものの、4月1日に行われるダービーへの出場は難しいようだ。

▽エバートンでは、インターナショナルウィークにアイルランド代表DFシェイマス・コールマンが相手の悪質なタックルを受け、右足の腓骨と脛骨を骨折する重傷を負った。さらに、アイルランド代表MFジェイムズ・マッカーシーも、ハムストリングを痛めている。

▽また、前節のハル・シティ戦でふくらはぎを痛めた元フランス代表MFモルガン・シュナイデルランもダービーに向けてコンディションに不安を抱えている1人だ。

▽現在、4位リバプール(勝ち点56)と6ポイント差の7位に位置するエバートン(勝ち点50)にとって、今回のダービーはトップ4フィニッシュを懸けた大一番となるだけに、度重なる負傷者はロナルド・クーマン監督を悩ませている。