大胆なワンピース姿で登場したのん

写真拡大

 女優ののんが29日、都内で行われた「スターチャンネル映画予告編大賞」授賞式に、総レースで全身がスケて見えるようなワンピース姿で出席し、会場を驚かせた。

 初開催となる本アワードは、主要配給会社18社がエントリーし、2016年に劇場公開された映画の予告編計50本の中から、「最も映画が観たくなる映画予告編」を選出するもので、記念すべき第1回のグランプリは「アイデアが良く、キャラクターがわかりやすく、ストーリーも丁寧に説明していた」という理由から『孤独のススメ』に決定。準グランプリは『レヴェナント:蘇えりし者』と『キャロル』。そして、WEB投票で最多得票を得た『ドント・ブリーズ』が映画ファン賞に選ばれた。

 スペシャルプレゼンターののんは、「予告編の授賞式はすごく珍しいですが、わたし自身、映画は必ず予告編を観てから観に行くので、とても素敵な賞だなと思いました。今日は頑張って務めさせていただきます」とあいさつ。そんなのんの肌スケワンピに観客の目はくぎ付けで、審査を担当した映画コメンテーターのLiLiCoも「スケスケですよ。最初、何もはいていないかとびっくりしましたもん!」と驚いた様子を見せる。のんは慌てて「ちゃんと(ペチコートを)履いてます。膝(下)しか見えておりません」と説明した。

 自身の印象に残った予告編を聞かれると、『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years』を挙げるのん。「熱やパワーが伝わってきて、それが自分たちの世代にはないもののような気がして、どんな感じなんだろう……と観たくなりました。(本編を)実際に観ると、予告編で予感した熱やかっこよさが存分に感じられて、すごくしびれました」と振り返った。

 また、映画制作会社や宣伝会社のスタッフがそろう会場とあって、LiLiCoが「ナレーションに使ってください」とアピールし、のんに「どんなナレーションでもできるもんね?」とアシストすると、のんも「どんと来いです!」と力強く返して、自分を売り込んだ。

 LiLiCoのほか審査員を務めたのは、ウィリアム・アイアトン(アイアトン・エンタテインメント株式会社代表取締役)、戸田奈津子(映画翻訳者)、近藤邦彦(映画雑誌「SCREEN」編集長)、中島信也(CMディレクター)。

 この日、戸田は都合により出席しなかったが、審査会では「迷った時は必ず指針となる欠かせない存在だった」そうで、中島は「第1回目ですから手探りの部分もあったが、作品AかBかCで迷った時に、戸田先生が『Bよ』と言ったらBになった」と舞台裏を明かして、笑いを誘っていた。(取材/錦怜那)