夏の朝靄に浮かぶ幻想的な風景「大正池と穂高連峰」/(C)アフロ

写真拡大

水に囲まれた豊かな国、日本。海、川、泉、湖、そして一年を通じて大地を潤す雨。水のあるところには、野生の動物や青々とした木々など自然と生き物が集まってくる。それらが奏でるハーモニーは美しく、我々を惹きつけて止まない。そんな見て、訪れて、水のパワーを感じられる風景をここに集めて紹介しよう。

【写真を見る】眼下に広がる奥日光の大パノラマ「中禅寺湖〜半月山からの眺め」/(C)アフロ

■ 夏の朝靄に浮かぶ幻想的な風景「大正池と穂高連峰」(長野/松本市)

焼岳の大噴火でできた大正池は、上高地を代表する景観のひとつ。水面に映し出された雄大な穂高連峰や立ち枯れ木が、幻想的な雰囲気に。7、8月ごろに見られる朝靄もおすすめ。

東京駅から:車&バスで約200分 見ごろ:5月中旬〜6月中旬

■大正池と穂高連峰<住所:長野県松本市安曇上高地 電話:0263-94-2307(松本市役所山岳観光課) 時間:24時間 駐車場:沢渡・あかんだな駐車場約2000台(600円/1日) 交通:JR新宿駅〜JR松本駅へスーパーあずさ約160分、松本電鉄新島々駅へ約35分。アルピコ交通バス約60分大正池下車>

■ 眼下に広がる奥日光の大パノラマ「中禅寺湖〜半月山からの眺め」(栃木/日光)

半月山は奥日光の名所を眺められる絶景スポット。山頂付近にある展望台からは、雄大な男体山(なんたいさん)をバックに、濃いブルーの中禅寺湖や、鮮やかな新緑の八丁出島を一望できる。

東京駅から:車&徒歩で約190分 見ごろ:5月下旬〜6月下旬

■中禅寺湖〜半月山<住所:栃木県日光市中宮祠 電話:0288-22-1525(日光市観光協会) 駐車場:歌ヶ浜駐車場約150(無料)、その他駐車場約470台(310円/1回)、半月山第2駐車場約60台(無料) 交通:JR東京駅〜JR宇都宮駅へ東北新幹線、JR日光線でJR日光駅へ約100分。日光駅よりタクシーで約50分>

■ 翠玉色の滝が織りなす渓谷の五重奏「西沢渓谷 七ツ釜五段の滝」(山梨/三富)

「日本の滝100選」の一つで、5つの滝と7つの滝壺からなる山梨の名瀑。10月上旬から下旬に迎える紅葉時は、木々の錦色と滝壺の深いエメラルドグリーンが絶妙に溶け合い、神秘的!

東京駅から:電車&バスで約170分 見ごろ:<新緑>5月下旬〜6月下旬

■西沢渓谷 七ツ釜五段の滝<住所:山梨県山梨市三富 電話:0553-22-1111(山梨市観光課) 駐車場:50台(普通車・無料)※近隣に道の駅の駐車場あり(約200台、紅葉時期500円/1回) 交通:JR東京駅〜JR山梨市駅へ特急かいじで約105分。市営バスで約60分西沢入口下車>

■ 数百も流れ落ちる水のカーテン「白糸の滝」(長野/軽井沢)

高さ3m、幅70mの白糸の滝は、湾曲した岩壁から数百条もの地下水が絹糸のように美しく降り注ぐ。新緑や紅葉など季節ごとに表情を変える、清涼感たっぷりの滝を楽しめる。

東京駅から:電車&バスで約110分 見ごろ:5月下旬〜6月上旬

■白糸の滝<住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉(小瀬) 電話:0267-45-8579(軽井沢町役場観光経済課) 駐車場:約200台(無料) 交通:JR東京駅〜JR軽井沢駅へ長野新幹線で約80分。草軽交通バス約25分白糸の滝下車>

■ 赤く染まる海に現れる奇観「江川海岸」(千葉/木更津市)

潮干狩りで有名な江川海岸。この場所で、電柱が海に立つ珍しい景色が見られるとSNSで話題沸騰。東京湾に沈む夕日と一直線に並ぶ海中電柱とのコラボは必見だ。

東京駅から:車で約60分 見ごろ:4月〜10月

■江川海岸<住所:千葉県木更津市江川 電話:0438-22-7711(木更津市観光協会) 駐車場:なし※駐車場は潮干狩り利用者専用 交通:JR東京駅〜JR木更津駅へJR総武線快速で約90分小湊鉄道バス約10分江川下車>

■ 湖につかの間現れる東雲色の空「桧原湖(ひばらこ)の朝焼け」(福島/北塩原)

裏磐梯最大の湖でワカサギ釣りが人気。有名な朝焼けは、湖面に立ち込める朝もやと、“青→桃色→金”と変わる空の色が幻想的。細野地区から撮影すると湖&磐梯山の姿を撮れる。

東京駅から:電車&バスで約170分 見ごろ:10月中旬〜11月上旬

■桧原湖<住所:福島県耶麻郡北塩原村大字桧原 電話:0241-32-2349(裏磐梯観光協会) 駐車場:湖周辺に複数あり 交通:JR東京駅〜JR郡山駅へ新幹線で約80分。磐越西線でJ猪苗代駅へ約45分。磐梯東都バス約45分磐梯桧原湖畔ホテル下車>

■ 四季で表情を変える奥日光の名瀑「湯滝 <湯ノ湖>」(栃木/奥日光)

湯ノ湖南端にある落差約70m、長さ約110mの滝。岩壁を湖水が流れ落ち、滝壺近くの観瀑台から迫力ある姿を観賞できる。春・夏の緑、秋の紅葉、冬の雪景色と四季で楽しめる。

東京駅から:電車&バスで約175分 見ごろ:<新緑>5月中旬〜6月上旬

■湯滝(湯ノ湖)<住所:栃木県日光市湯元 電話:0288-22-1525(日光市観光協) 駐車場:58台(4〜11月は500円、7:00〜17:00) 交通:JR東京駅〜JR宇都宮駅へ新幹線で約55分。日光線でJR日光駅へ約45分。東武バス約75分、湯滝入口下車>

■ 箱根の神が住む湖と富士山「芦ノ湖」(神奈川/箱根)

箱根有数のパワースポット・芦ノ湖。快晴の日に水面に映し出される逆さ富士と、水上に立つ箱根神社の鳥居は優雅で、不思議な力を感じる。毎年8/1に箱根神社の例大祭が開催。

東京駅から:電車&バスで約95分 見ごろ:6月中旬

■芦ノ湖<住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根 電話:0460-85-5700(箱根町総合観光案内所) 0460-83-7361(芦之湖漁業協同組合)、0460-83-7123(箱根神社) 駐車場:芦ノ湖周辺の元箱根・箱根町に約250台 交通:JR東京駅〜JR小田原駅へ新幹線で約35分。伊豆箱根バスまたは箱根登山バスで約60分元箱根港下車>

■ 「紅葉の一碧湖」(静岡/伊東)

「伊豆の瞳」と呼ばれ、ひょうたん形をした周囲4 kmの静かな湖。秋の紅葉時は湖を囲む木々が水面まで紅色に染め、山々と湖が一体化する。遊歩道を歩きながら秋を感じて。

東京駅から:電車&バスで約130分 見ごろ:11月下旬〜12月上旬

■一碧湖<住所:静岡県伊東市吉田 電話:0557-37-6105(伊東観光協会) 駐車場:湖周辺に3ヶ所あり(約40台) 交通:JR東京駅〜JR伊東駅へ特急スーパービュー踊り子号で約100分。伊豆東海バスで約30分一碧湖下車>

■ 「野反湖(のぞりこ)」(群馬/中之条)

群馬・長野・新潟の県境に位置し、標高2000m級の山々に囲まれた湖。ニッコウキスゲは7月中旬ごろに満開を迎える。おすすめは遠目からの観賞で緑黄色のじゅうたんが広がる。

東京駅から:電車&バスで約180分 見ごろ:7月上旬〜中旬

■野反湖<住所:群馬県吾妻郡中之条町大字入山 電話:0279-75-8814(中之条町観光協会) 駐車場:50台(無料) 交通:JR東京駅〜JR高崎駅へ新幹線で約50分、特急草津号でJR長野原草津口駅へ約60分。六合地区路線バス野反湖行約65分野反峠下車>

■ 「草木湖」(群馬/みどり)

足尾の山々を背景に広がる草木湖。目に染みるほど青い空・山・湖の雄大な姿に圧倒される。周囲が赤く染まる紅葉時も見事だ。湖畔を通る鉄道の姿は、昔ながらののどかな風景。

東京駅から:電車&バスで約150分 見ごろ:5月

■草木湖<住所:群馬県みどり市東町草木 電話:0277-76-1270(みどり市産業観光部観光課) 駐車場:草木ダム展望台や道の駅富弘美術館に駐車場あり 交通:JR東京駅〜JR高崎駅へ新幹線で約50分、両毛線でJ桐生駅、わたらせ渓谷鐵道で神戸駅へ約100分。東町路線バス約5分ダムサイド下車>

■ 「秋の寸又峡(すまたきょう)」(静岡/川根本)

静岡県屈指の景勝地・寸又峡の中でも、長さ90mの「夢の吊橋」からの景色は格別。透き通るコバルトブルーの湖と、オレンジに染まる紅葉のコントラストは、一見の価値あり。

東京駅から:車で約260分 見ごろ:11月上旬〜11月下旬

■寸又峡<住所:静岡県榛原郡川根本町千頭 電話:0547-59-2746(川根本町まちづくり観光協会) 駐車場:約800台(500円/1日)※GW、夏休み、紅葉シーズンのみ有料 交通:JR東京駅〜JR静岡駅へ新幹線で約60分。JR東海道本線で金谷駅、大井川鐵道で千頭駅へ約110分。大鉄路線バス約40分寸又峡温泉下車>【東京ウォーカー編集部】

写真:(C)アフロ (C)MITSUSHI OKADA/orion/amanaimages (C)GYRO PHOTOGRAPHY/SEBUN PHOTO/amanaimages