《デリケートな女性の悩み》デリケートゾーンのかゆみ

写真拡大


執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ

デリケートゾーンがかゆくなる、という経験をお持ちの女性は多いのではないでしょうか。

でも、かゆいからといってかくわけにはいかず、我慢するのがつらいですね。


どうしてこのようなことが起こってしまうのでしょうか。

かゆみの原因や予防法について解説します。

デリケートゾーンはかゆみが出やすい場所!?

デリケートゾーンのかゆみはどうしておこるのか、まずは原因についてお話していきましょう。

デリケートゾーンは、下着やパンティストッキングなどにおおわれていることが多く、ムレやすい場所です。

月経中には、ナプキンによるかぶれなども起こり、おりものや汗などもかゆみの原因と考えられます。

とくに生理中では、ナプキンをこまめに変えないと、カンジダ菌や大腸菌、ブドウ球菌などの雑菌が繁殖して、かゆみ以外にもいやな臭いが出たりします。

デリケートゾーンは、皮膚の一番上にある角層が薄く、ちょっとした刺激に敏感に反応します。

また、部位も複雑な構造なので、汚れが溜まってしまう可能性のある部分もあります。ムレやナプキンによるものだけでなく、それぞれの体調から、かゆみがくることもあります。

ストレスが溜まっている、体調がすぐれないというときなどは、免疫力が低下していて、肌が敏感になっていますので、かゆみが起こりやすくなります。

病気が原因でかゆくなることも

病気の症状としてかゆみが出ることあります。可能性のある病気を解説します。

外陰カンジダ症

カンジダは、カビの仲間である真菌(しんきん)の一種で、膣内にいる常在菌(日常的に存在する菌のこと)。

外陰部にかゆみを起こすものの多くが、カンジダが原因で発症するカンジダ症によるものです。

常在菌は、日常的に体内に存在している菌のため、通常、カンジダ菌があるからといって、カンジダ症を発症するわけではありません。

しかし、糖尿病、抗生物質などの薬の使用、妊娠、ピル内服によるホルモンの変化などが誘因となって増殖し、かゆみの症状が現れることがあります。

トリコモナス膣炎

トリコモナス原虫に感染することで起こるもので、コンドームを使用しないセックスによって感染が広がります。

セックス以外には、共有のタオルや便器、プールや温泉などが感染源となります。症状としては、悪臭、かゆみ、おりもの、外陰部刺激感などが挙げられます。

ただし、感染者の半数は、無症状のため、感染に気がつかずにパートナーに移してしまうことが多くあります。

尖圭コンジローマ(せんけいこんじろーま)

良性のヒトパピローマウイルスが原因で、セックスにより感染する性感染症。

発症すると、性器や肛門周辺にイボができます。カリフラワー状のイボができることもあります。軽いかゆみや痛みがでる場合もあるが、あまり自覚症状はありません。

このように、デリケートゾーンのかゆみには病気が隠れていることもあります。

また、トリコモナス膣炎や尖圭コンジローマのような性感染症の場合は、パートナーに移してしまうリスクがあります。

これからご紹介するデリケートゾーンの洗い方などに注意しているのにかゆみの症状が出ている場合は、何らかの病気が関係している可能性もあるため、婦人科を受診するようにしましょう。

人には聞けない!かゆみを予防するデリケートゾーンの洗い方

かゆみの予防としては、デリケートゾーンをしっかり洗うことが大事です。

しかし、しっかり洗うということは、ゴシゴシ洗うことではありません。

石鹸やボディソープをしっかり泡立てて、泡で優しく洗います。ボディソープでかゆみが出る場合がある人は、デリケートゾーン専用のソープも発売されていますので試してみるものいいでしょう。

指の腹で、前側から後ろへ陰毛、陰核(いんかく)、性器部分、会陰(えいん;膣口から肛門までの部分)、肛門と洗っていきます。

大陰唇と小陰唇の間の溝などは、恥垢(ちこう;おりもの、尿のかす)が溜まりやすいので、丁寧に洗い、そしてシャワーですすぎ、しっかりと洗い流します。

また、陰毛は、自然に抜けて下着についてしまうことになりますから、引っ張って抜けるものは、取り除きましょう。

こんな洗い方には注意して

洗うとき、膣の中まで指を入れて洗う必要はありません。

膣には、膣内を弱酸性に保ち、雑菌の侵入や繁殖を防ぐ自浄作用があります。

膣の中まで洗ってしまうと、逆にその自浄作用が低下してしまいますので、注意してください。

また月経時は、よりデリケートな状態になっていますので、いつもよりも優しく洗いましょう。

トイレのビデなどで膣内を洗う場合も、膣内まで洗う必要はありません。血液を軽く洗い流す程度にしましょう。

<執筆者プロフィール>
南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケア公認講師・株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での経験後、とらうべ社を設立。タッチケアシニアトレーナー


<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供