写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アウディ ジャパンは28日、フラッグシップスポーツ「R8」のオープントップモデル「R8 スパイダー」をフルモデルチェンジし、受注を開始した。7月上旬から全国のアウディ スポーツ店を通じて発売する。

「R8 スパイダー」は2010年に1世代目が発売され、今回は新型のクーペモデルをベースとした2世代目へと進化した。油圧電動式のソフトトップは遮音性に優れたクロス製で、フレームにはアルミニウムと鋳造マグネシウムを採用。トップコンパートメントカバーはCFRP製となっており、重量は約44kgとされている。開閉に要する時間は約20秒で、50km/h以下であれば走行中の操作も可能だ。

搭載するエンジンは最高出力540PSを発揮する自然吸気V10 5.2リットルで、7速Sトロニックトランスミッションを介して新開発のクワトロフルタイム4WDシステムへと動力を伝達する。低負荷時にはエンジンの片バンクを休止させるシリンダーオンデマンドも採用。アクセルペダルをオフにしたときにはエンジンを駆動系から切り離すコースティングモードと合わせて、高い燃費性能を実現した。

エクステリアはクーペと同様、ボディサイドのエアインテーク部にサイドブレードを装着。LEDリヤコンビネーションライトの間にハニカムグリルを装着することで、クーペとは異なる表情を演出している。インテリアはメーターパネル内に設置された12.3インチのTFTディスプレイを搭載したアウディ バーチャル コックピットを標準装備する。「R8 スパイダー」は新設されたベーリンガーホフ専用工場で手作りされる。価格は2,618万円(税込)。

(山津正明)