コミックファンにはおなじみの「ダメージ・コントロール社」登場か??

ソニーとマーベルがかつては越えられなかった大人の事情という壁を乗り越えて、タッグを組んで誕生した新作『スパイダーマン:ホームカミング』の新たな予告編が公開されました。

今回は動画を隅々まで見ながら、最新情報と合わせて細かく分析していきたいと思います! もしかするとネタバレになっちゃう話もあるかもしれないので、気になる方はご注意ください。



こちらはSonyPicturesJapanがアップロードした動画。

ぶかぶかだけどスイッチを押すとキュッと締まってピッタリになるフリーサイズなコスチュームが可愛い。『シビル・ウォー』での流れを考えるとトニー・スタークが作ったスーツだと思いますが、まだ15歳という設定のピーター・パーカーの身体(特に筋肉)的な成長にも対応しそうないいアイデアですね。

マーベル・シネマティック・ユニバース(マーベルの映画世界)に仲間入りして以来、熱心に「アベンジャーズ」に入ろうとするのも面白いところ。コミックでは最初は加入を断るなどあんまり乗り気ではなかった(結局入るけど)ので、新鮮な描写です。

ちなみに、スパイダーマンは2018年に公開予定の『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』にも登場することが確定しているので、おそらく今作で加入するんじゃないかと思いますがどうなるか。

とはいえ、予告編ではトニー・スタークに「君は近所で頑張っていればいい」と断られていますね。ちなみにここは、原語では「君は親愛なる隣人でいてくれないか」と言っているのですが、この「親愛なる隣人」という言葉はコミックではスパイダーマンを指す定番のセリフで主にスパイダーマン本人がよく使っています。

かつてサム・ライミ版の映画『スパイダーマン』などでも描かれたように、コミックでのスパイダーマンは新聞で「社会の敵」として取り上げられることが多かったので、なかなかに皮肉なことになっています。

どうやら今作では『シビル・ウォー』で描かれたようにYouTube動画での有名人ということになっているようですが、後々「社会の敵」扱いされるのかな……?

スパイダーマン/ピーター・パーカーの正体を親友のネッド・リーズにすぐ知られてしまう所も面白い。ネッドまさにバディといったキャラクターですが、原作では同名のキャラクターはまったくの別人(ネタバレが嫌な人は検索しないことをオススメします)。

ビジュアル的にも、コミックのマイルズ・モラレス(別次元での二代目スパイダーマン)の親友ガンケ・リーっぽい印象ですが、一緒に勉強したり遊んだりしているところを見ると、テクノロジー面でスパイダーマンをサポートするキャラクターになるのかもしれませんね。もしくはスパイダーマンにあこがれて自作のスーツでヒーローになっちゃったりして……?

また、0:38あたりにはキャプテン・アメリカの教材ビデオが登場。MCU内のアメリカの学校ではキャプテン・アメリカが体育の授業に登場するのか。ぜひこれは、どんな映像なのかも見たいですね。「ランニングで追い抜く時は『左から失礼』って言うんだぞ」とか、「サンドバックは力を入れすぎてぶっ壊さないように」とかそういう超人フィットネスが学べる内容なのだろうか。

そして『バットマン』や『バードマン』でおなじみの名優マイケル・キートンが演じる、巨大な羽型ハーネスで空を飛び悪事を働く男「ヴァルチャー」も登場。コミックではスパイダーマンの定番ヴィランのひとりですが、スパイダーマンではなくトニー・スタークを敵視しているなど設定は結構変わっている様子。

USA Todayに掲載された記事によれば、ヴァルチャーことエイドリアン・トゥームスは『アベンジャーズ』などで描かれたヒーローとヴィランの戦いで大量に生じた廃墟や残骸を解体・回収・整理する業者を経営していた男。

ところがトニー・スタークによって設立された政府組織がこれらの作業を代わりに行なうことで、彼は仕事を奪われたことに怒り、社員のショッカーとティンカラー(どちらもスパイダーマンの定番&初期のヴィラン)と共に回収したエイリアン(チタウリ?)が残していった装備を改造し、犯罪に使い始める……といった設定なのだとか。

気になるのはトニー・スタークによって設立された組織。実はコミックでは、トニー・スタークが所有する会社としてヒーローの戦いの事後処理をする「ダメージ・コントロール」というまさにそのまんまな会社が登場します。もしかすると、今作でダメージ・コントロール社が登場するのかも……!?

ちなみに、「ダメージ・コントロール」は単独でドラマ化が計画されていますが、もしかするとここに繋げていくのかも……??

ともかくピーターは彼なりにヒーロー活動を頑張るものの、『シビル・ウォー』でのことも踏まえて若者を危険に晒したくないとの考えを持ったトニーは彼を止めようとします。

特に1:27あたりのやり取りが素晴らしく、原語では……

トニー「人が死んだらどうするんだ」ピーター「あなたのようになりたくって」トニー「もっといい人間になって欲しいんだ。スーツを返してもらおう」ピーター「僕にはスーツ以外なにもないんだよ」トニー「だったらなおさらだ。君はスーツを持つべきじゃない」

というような感じで語っています。トニーもスーツを着て戦うヒーローであり「アイアンマン」という自らが作り上げたヒーローの重責に押しつぶされそうになった経験もあるが故の発言で、重みがあって非常に良い。

しかし反対を押し切ってヴァルチャーとの戦いに挑むスパイダーマン。どうやらスーツは途中で奪われてしまうのか、『シビル・ウォー』に登場した自作スーツの改良版と思しきものを着ていますね。果たしてスーツを取り戻すのか、それとも自作スーツの改良を続けるのか……?

また、後半にはスーツのあらたなハイテク・ガジェットとしてクモ型のロゴから飛び出るドローンも登場。映画ではあまりやっていませんでしたが、コミックでもこういう小さなガジェットを駆使するキャラクターなのでどんな活躍をするのかが楽しみですね。

個人的にはスパイダーマンの数あるガジェットの中でも大人気のスパイダーモービルの登場に期待したい。糸でビル群をスウィングしながら移動できるスパイダーマンに何故車が必要なのかというツッコミどころ溢れる愛すべき乗り物……実写化しないかなぁ……。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日(祝・金)全国ロードショー。

・新スパイダーマンの「目の動き」を再現したコスプレ用マスクが登場!

image: ©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved. via YouTube
soruce: YouTube, USA Today

(傭兵ペンギン)